ビーチリゾートとヨーロッパの旅行記

2013年から2015年にかけてビーチリゾートとヨーロッパを旅行しまくった海好き女の旅行記です。帰国後は主に日本の美ビーチを巡っています。

東京・赤坂:オータニで子連れホテルデビュー

f:id:lazytraveler:20181205132022j:plain

大変ご無沙汰しております。

前の更新から1年以上経ってしまいました。

実はその間妊娠・出産・育児により全く旅行に行けない日々で、ビーチリゾートとヨーロッパ、なんて夢のまた夢になってしまっていました。

しかし子供も少し大きくなって外出もできるようになってきたので、今回は近所の東京・赤坂のホテルニューオータニに子連れランチに行った記録をしておきます。

過去のきらびやかなリゾート日記が想像もできない近場旅ですが、今はこれが精一杯。。^^;;


f:id:lazytraveler:20181205132749j:plain

ホテルニューオータニといえば、東京は赤坂にある老舗ホテル。最近の外資系ホテルのようなスタイリッシュ感はないものの、とにかく広くてのんびりできるので大好きなホテルです。


f:id:lazytraveler:20181205133205j:plain

四谷側の正面玄関を入るともうクリスマスツリーがゴージャスに!


f:id:lazytraveler:20181205133338j:plain

広いレセプションとメインガーデンレストランへと続く廊下は絨毯でふかふか。このクラシックな感じが落ち着きます。


f:id:lazytraveler:20181205133629j:plain

ふかふか絨毯はベビーカーも押しやすいです。沢山のお店を見ながらお大名〜♪


f:id:lazytraveler:20181205134123j:plain

日本庭園を臨む広々としたガーデンラウンジで軽くお食事。広くてのんびりできるから赤ちゃんもご機嫌です。


f:id:lazytraveler:20181205134457j:plain

食事の後はその日本庭園へ。ガーデンラウンジの横から下れますが、ベビーカー連れなので一度レセプション側のエレベーターで1階まで行ってから向かいました。


 f:id:lazytraveler:20181205140542j:plain

庭園の中は橋などもありなかなかベビーカーでは行きづらいですが、一緒に来たばあばが見ていてくれるというので一人で少し散策することに。


f:id:lazytraveler:20181205140721j:plain

12月だというのに真夏日だったこの日。紅葉もまだ一部だけのようです。でも綺麗。


f:id:lazytraveler:20181205140847j:plain

オータニといえばこのメイン館の面前の滝。


f:id:lazytraveler:20181205141001j:plain

うーん壮大です。都会で感じる滝の水しぶき。


f:id:lazytraveler:20181205141113j:plain

ひと時でもとてもリフレッシュ出来たお庭散策でした。ここは都会のオアシスです。


さて、お庭の陽気で気持ちよく眠った赤ちゃんをベビーカーで押して、ガーデンコートのベビー洋品店で赤ちゃんお洋服などをウィンドウショッピングしたりしていたら、ぎゃピー!と起きた赤ちゃん。

そろそろ授乳しなくては、とレセプションのコンシェルジュに授乳室を尋ねると、なんと!授乳のためにホテルのお部屋を貸してくれるとのこと。

太っ腹ー!!さすがオータニ。


f:id:lazytraveler:20181205141245j:plain

お部屋はメイン館にある一室とのこと。わーいオータニのメイン館なんて滅多に泊まりません。


f:id:lazytraveler:20181205141723j:plain

これがその授乳用のお部屋。通常のお部屋よりは狭そうだけど授乳室としては立派です!!


f:id:lazytraveler:20181205141941j:plain

お部屋からの景色も悪くないです。この辺はオフィス街でありながら自然が見れていいですね。


f:id:lazytraveler:20181205142146j:plain

赤ちゃん用の絵本まであります!粋な取り計らい。


 f:id:lazytraveler:20181205142308j:plain

娘も寝返りの練習などをして大はしゃぎ。お出かけ中はだっこかベビーカーになってしまうので、こうして体を動かして伸び伸びできる時間は赤ちゃんにとっても貴重です。


f:id:lazytraveler:20181205142613j:plain

ということで、ホテルニューオータニは、赤ちゃんに優しく大人もリラックスして楽しめる最高の場所でした。授乳はホテルの部屋を借りられるほか、着替え室や休憩室の一角でもできるそうです。オムツ替えできるトイレはいたるところにありましたし、バリアフリーで、さすがオータニ、一流のホテルは赤ちゃんや弱い人に優しいのですね。

近所でよく利用していたのですが、改めて好きになりました。子連れの方におススメです!


ということで、なかなかしばらくは自由が利かず海外のザ・ビーチリゾートみたいな場所にはしばらく行けそうにないですが、それでも少しずつ国内旅行などを再開して、このブログも書いていきたいです。

次は年末に熱海の予定です☆


京都③:グランドプリンスホテル京都からの宝ヶ池散策と国宝展

f:id:lazytraveler:20171105100554j:plain

京都旅行記3回目。これは10月に京都中心から少し離れた京都人の憩い地(?)、宝ヶ池公園をぶらぶらした時の記録。

 

f:id:lazytraveler:20171104224702j:plain

泊まったのは京都駅から烏丸線で30分くらいのところにあるグランドプリンスホテル京都。天気悪し。でも駅から直結でホテルまで雨が降っても濡れないようになっていたので良かった。

 

f:id:lazytraveler:20171104224822j:plain

ホテル全体が円形で、中央の中庭を円で包み込む感じのグランドプリンスホテル京都。名建築で有名なんだとか。

 

f:id:lazytraveler:20171104225122j:plain

お部屋も広くて緑に囲まれてて居心地いいです。秋の初めだったから虫の鳴き声が聞こえるほど森に囲まれてました。

 

f:id:lazytraveler:20171104225250j:plain

窓からの眺め。天気が悪くて残念ですがそれでも森と山が見れて落ち着く景色。

 

f:id:lazytraveler:20171104225432j:plain

部屋の設備やアメニティがとても充実していまいした。ジュエリーケースまであって旅先でおしゃれ気分。

 

f:id:lazytraveler:20171104225713j:plain

そしてこのホテルのいいところは、京都人の憩い地である宝ヶ池公園(京都育ちの友達は行ったことないと行っていましたが…)の中にあり、歩いてすぐに宝ヶ池に出られることです。

 

f:id:lazytraveler:20171104230301j:plain

宝ヶ池が見えてきたのでしばし散策。

 

f:id:lazytraveler:20171104230356j:plain

f:id:lazytraveler:20171104230520j:plain

f:id:lazytraveler:20171104230555j:plain

f:id:lazytraveler:20171104231100j:plain

国際会館が見えます。

 

f:id:lazytraveler:20171104231159j:plain

天気悪いけど人はいないし散策すると気持ちいです。紅葉の季節とか良さそう。

 

f:id:lazytraveler:20171104231246j:plain

池を半周くらいしたところで、売店と呼ぶにはおしゃれなカフェがあったので軽くランチをしていくことにしました。

 

f:id:lazytraveler:20171104231420j:plain

店内はお思いのほか(?)おしゃれ。

 

f:id:lazytraveler:20171104231503j:plain

自家製キーマカレーをいただきました。なかなか美味。

 

f:id:lazytraveler:20171104231602j:plain

池散策再開。天気悪すぎてアヒルボートも閑古鳥。

 

f:id:lazytraveler:20171105100554j:plain

引き続き散策。 

 

f:id:lazytraveler:20171105100651j:plain

あ、アヒルボートがちょっと出てる。

 

f:id:lazytraveler:20171105100925j:plain

宝ケ池の全貌を見渡せる展望スペースみたいなところ。私しかいないけど。

 

f:id:lazytraveler:20171105101014j:plain

超地味だけど人がいないのでゆっくりくつろげた宝ケ池散策でした。

 

f:id:lazytraveler:20171105101109j:plain

宝ケ池から国際会館駅に向かう途中の橋からの眺め。やっぱり京都って盆地で四方八方山が見えるのがいいですね。

 

さて、しかしせっかく京都の一日の大半が残されているのにこのどん曇り宝ケ池散策で終わってしまっていいものかどうか。ということで昨日の夜会った京都の友達にどこかいいところがないか聞いてみたら、1000人観音が見える三十三間堂がおすすめとのこと。

 

f:id:lazytraveler:20171105104727j:plain

ということで、急遽三十三間堂へ。一度京都駅まで行ってそこからバスに乗り換えて行きました。休日の京都のバス、初体験でしたが噂通り混んでた。

 

f:id:lazytraveler:20171105104908j:plain

この長ーい建物の中に、1000人の観音様が敷き詰められていました。確かに凄い迫力でした。

 

f:id:lazytraveler:20171105105128j:plain

お庭も京都の寺らしく風流でした。

 

f:id:lazytraveler:20171105105247j:plain

観音様見学を終えて、三十三間堂近くのお茶菓子屋さんで一休み。なんてとこだったか忘れましたが、古ーい畳の家をお店にした感じで、座布団に正座して食べる、昔懐かしい雰囲気で落ち着きました。コンセントが席の近くにあったので、お願いしてiphoneの充電をさせてもらいました…それによって死にかけていたipohneが復活して引き続き写真が撮れることに。

 

f:id:lazytraveler:20171105105513j:plain

さあ体もiphoneも充電したところで、本日のメインイベント、三十三間堂正面の京都国立博物館の国宝展へ!メインイベントと行っても、さっき三十三間堂を勧めてくれた友達がついでに目の前で国宝展やってるらしいよと教えてくれるまで知らなかったのですが。

 

f:id:lazytraveler:20171105110216j:plain

41年ぶり夢の8週間!予備知識なく立ち寄った割にはかなり気合いの入った大イベントに立ち会ったみたい。実際、縄文土器とか弥生時代の銅鐸とか、藤原定家が直接写した紀貫之土佐日記とか藤原道長直筆の日記だとか、日本史に疎い私でも目を見張るようなものばかりで充実した展覧会でした。

 

f:id:lazytraveler:20171105111116j:plain

狩野派の屏風とか、六獄の絵とか、雪舟とか、中国画とかもたくさんあって、時代や国によっても絵の特色が違うのが見て取れて面白かったです。絵画展て西欧美術のものばかり行ってたけど、日本や東洋も立派な歴史があるなあと思いました。宗教画→風景画→抽象画?という流れは、日本でも似てますね。

 

f:id:lazytraveler:20171105111422j:plain

展示の最後には、大阪の金剛寺や奈良の興福寺から数メートル級の大仏まで出展されていてものすごい迫力でした。どうやって運んできたんでしょうか。

 

f:id:lazytraveler:20171105111758j:plain

思いがけず満足の国宝展鑑賞の旅となりました。東京に帰ってから書店が国宝展特集だらけなのにびっくり。

 

f:id:lazytraveler:20171105112318j:plain

最後に、京都駅の伊勢丹内?(でもデパートの伊勢丹とは少し違う入口から入るレストラン街のようなところ)の「はたして」さんという京都の老舗料亭の姉妹店だというレストランで、丼丼セットを頼みました。カンパチの刺身丼とかき揚げ丼のセット。うーんボリュームは見た目ほどでなくて上品なんですが、なんというか、味がしない・・・これが京風のお味なのでしょうか。

 

ということで、3度目の京都では思わぬ国宝展との出会いがありました。4度目は今月の紅葉真っ盛りの京都の予定・・・楽しみです。

京都②:鴨川で一息〜リッツカールトン京都に泊まりたい〜

f:id:lazytraveler:20171103151049j:plain

京都旅行記2回目。今回は今年夏に京都を訪れて鴨川をぶらぶらした際の思い出のまとめです。

 

f:id:lazytraveler:20171103151349j:plain

泊まったのはホテルオークラ京都。

 

f:id:lazytraveler:20171103151459j:plain

ホテルは大通りに面していて車の音がうるさかったのが難ありでしたが、お部屋からの眺めは山に囲まれた鴨川が見られて良好でした。

 

f:id:lazytraveler:20171103151624j:plain

ホテルの中は中央が空洞になってクラシカルな感じでした。お部屋はシングルだとちょっと狭い。

 

f:id:lazytraveler:20171103152234j:plain

このホテルオークラ京都が何より良かったのが、鴨川に歩いてすぐの立地。晴れてた日の鴨川はサイコーに気持ちいいです。

 

f:id:lazytraveler:20171103151843j:plain

鴨川沿いをのんびり歩いているとなんだか立派な低層建物が。

 

f:id:lazytraveler:20171103152402j:plain

鴨川に面して立つ、窓の大きなリッツカールトンホテル京都。うわーこの立地で部屋から鴨川を見ながら過ごせるなんて最高でしょうねー。いつか泊まりたい。。

 

f:id:lazytraveler:20171103152615j:plain

鴨川サイコー。

 

f:id:lazytraveler:20171103152758j:plain

鴨川の川床料理ならぬ川床カフェを体験すべく、鴨川沿いの裏手に回って鴨川沿いにテラスを持つサロン・ド・ロワイヤル京都に入店。

 

f:id:lazytraveler:20171103152953j:plain

テラス席空いてた。

 

f:id:lazytraveler:20171103153038j:plain

鴨川を眺めながら、優雅にケーキセット。気持ちーです。

 

f:id:lazytraveler:20171103153329j:plain

鴨川散策を満喫したあとは烏丸の方に向かって京都散策。京都人もイチオシのお茶の一保堂本店発見。東京でも丸の内に支店があって愛用してますが本店はまた風情が違います。お客さんは外国の人が多くて店員さんにも西欧系の方がいて英語で案内していました。

 

f:id:lazytraveler:20171103153800j:plain

京都らしさ漂うマンション。京都ってお店も建物もホントおしゃれですよねー。

 

f:id:lazytraveler:20171103153840j:plain

京都の友達オススメの高倉二条さんのラーメンで夕食。お出汁が効いてて半分そばみたいなラーメンで美味しい。京都の人って案外ラーメンとかパンとかコーヒーとか伝統的じゃないものが好きでそういうお店もすごく多いんですよね。

 

f:id:lazytraveler:20171103154101j:plain

こういう抹茶菓子とかザ・京都的なものを求めるのは我々観光客だけでしょうか。これは祇園都路里本店で食べた抹茶ムースと抹茶ドリンク。お迎えは抹茶パフェ。この都路里も東京に何店か支店がありますが、本店でののれん表記は「辻利」でした。ここもお客さんは殆ど外国の方々。

 

f:id:lazytraveler:20171103154431j:plain

更け行く京都の夜。きれいな夕焼け。

 

f:id:lazytraveler:20171103154553j:plain

翌朝、京都駅。なんでこんなモダンすぎる駅になったんですかねー。

 

f:id:lazytraveler:20171103154524j:plain

京都駅に入っているイノダコーヒーでこれまた地元民もイチオシの伝説のモーニングをいただき。確かに美味しかった!

 

京都旅行記はまだ続きます。

日光②:幻の中禅寺湖とホテル四季彩でのお籠もり&奥日光滝ツアー

f:id:lazytraveler:20171022230525j:plain

さて、どしゃぶりの東照宮見物のあとは、中禅寺湖のお宿・ホテル四季彩さんの送迎バスに乗って中禅寺湖畔に向かいます。もともと中禅寺湖の紅葉を見に来た旅♪

しかし。。。

 

f:id:lazytraveler:20171029135720j:plain

このどしゃぶりで窓から何も見えないばかりか、なんと中禅寺湖周辺は霧が大量発生していて紅葉どころか目の前にあるはずの中禅寺湖自体が認識できないというまさかの事態。がーーん

 

f:id:lazytraveler:20171029140429j:plain

中禅寺湖畔を走りながらもバスの窓から一度も中禅寺湖を見ることができないまま、本日一泊するお宿、ホテル四季彩さんに到着。

 

f:id:lazytraveler:20171029140704j:plain

ぼちぼち木々は紅葉している様子です。ホテル四季彩さんは、金谷ホテルとかとは違っって中禅寺湖に面したお宿でないので少し迷いましたが、今となってはむしろ見えない中禅寺湖に面しているよりは色とりどりの木々に囲まれた山奥のこのお宿にして良かったです。。

 

f:id:lazytraveler:20171029143758j:plainホテルのロビーもこの通り木々に囲まれていて素敵です。

 

f:id:lazytraveler:20171029143935j:plain

至る所からこうして窓の外の木々を眺めてくつろげるように工夫された館内です。

 

f:id:lazytraveler:20171029144116j:plain

中禅寺湖の紅葉画が映し出されているテレビが置かれています。そう、この紅葉湖畔を見に来たんですよー・・・。

 

f:id:lazytraveler:20171029144317j:plain

代わりにテレビの画像をガン見。明日は少しでも中禅寺湖が見えるといいなあ・・・。

 

f:id:lazytraveler:20171029144726j:plain

お部屋に通されました。広くはないけどとても清潔で気持ちいいお部屋です。

 

f:id:lazytraveler:20171029152928j:plain

この広縁部分にある掘りごたつからベランダの外の木々が眺められるのが最高です。特に寒い冬にはいいだろうなあ。

 

f:id:lazytraveler:20171029153427j:plain

お部屋のベランダからの長め。静かで癒やされます。紅葉はまだし始めって感じですね。中禅寺湖付近よりも更に標高の高い奥日光の湯滝あたりは今が紅葉盛らしく日光からはそちらに向かう観光客の方が多かった模様。でもここもその分静かでいいです。

 

f:id:lazytraveler:20171029153758j:plain

このホテル四季彩さんは、こじんまりとして静かで至るところから木々に囲まれた風景が見れて、お籠もりにピッタリの高級感のある宿でした。どしゃぶり霧だらけの中禅寺湖だったから、宿だけでもいいお宿にしておいて本当に良かった。

 

f:id:lazytraveler:20171029154219j:plain

階段からも外の木々。

 

f:id:lazytraveler:20171029154305j:plain

通りがかった喫煙室からも外の紅葉が見られるようでした。あといたるところに紅葉や中禅寺湖の写真や絵画も飾られていました。

 

f:id:lazytraveler:20171029154446j:plain

そして最高に良質な温泉でゆっくり旅の疲れを癒やしたら(露天風呂から見れる森の紅葉も最高!)、やっぱり木々に向かって開かれた開放的なレストランで夕食。ちなみにあまり温泉好きでない私ですが、このお宿の温泉はお湯の質がとてもマイルドで最高でした。

 

f:id:lazytraveler:20171029154925j:plain

ライトアップされた木々を見ながらの懐石コース。まずは前菜のお重から。ちなみに料理長はまだ36歳なんだとか。若い!新進気鋭ですね。

 

f:id:lazytraveler:20171029155348j:plain

新鮮なお刺身と、地酒。

 

f:id:lazytraveler:20171029155451j:plain

メインの石焼牛♡

 

f:id:lazytraveler:20171029155614j:plain

日光名物のゆば!ごまダレで食べるのが最高。

 

f:id:lazytraveler:20171029155750j:plain

うどん入りの茶碗蒸し。美味しい。

 

f:id:lazytraveler:20171029155945j:plain

シメのお食事は栗ご飯と赤だし。こういうちゃんとした和食屋さんではお漬物が美味しいのがいいですよねえ。

 

f:id:lazytraveler:20171029160112j:plain

デザートはさっぱり梨のコンポートと最後までこってりクリームブリュレお芋チップス載せ。さすが料理長が若いだけあってお料理内容も若者にも好かれそうというか、すべてがメインと言ってもおかしくないガッツリしたコースでした。お年寄りにはもう少しお野菜中心でもいいかも。

 

f:id:lazytraveler:20171029160350j:plain

さて、飲んで食べて即寝した翌朝。朝からベランダで木々を眺めます。今日もどん曇りですが中禅寺湖には霧も出ているのでしょうか・・・。

 

f:id:lazytraveler:20171029160603j:plain

昨日の夕食会場と同じ場所での朝食ですが、外の木々が眺められます。

 

f:id:lazytraveler:20171029161008j:plain

朝から豪華。わずか1泊でものすごく太った気がします。ホテル四季彩さん、とてもいいお宿でした。また来たいです。

 

f:id:lazytraveler:20171029161146j:plain

このお宿が何より良かったのが、臨機応変な紅葉ツアーを送迎バスで行ってくれたこと。通常ならこの時期、半月山に行って中禅寺湖の紅葉を見下ろして日光に帰るツアーなのだそうですが、今回は今日も中禅寺湖が霧だらけで半月山に行っても何も見えないということで、急遽特別に紅葉真っ盛りの奥日光に行ってくれることになったのです!

 

f:id:lazytraveler:20171029161752j:plain

ちなみにこれが、バスの車窓からかろうじて見れた中禅寺湖。うーむ周辺の山の美しそうなまだら紅葉の様子がかすかに伺えるだけに霧で見えないのが本当に残念・・・。

 

f:id:lazytraveler:20171029162134j:plain

山をどんどん登って、道が紅葉してきました。ちなみにこのバスに乗車していたメンバーの中におしゃべりな大阪のおばさまグループがいて、土地の説明をしてくれる運転手さんにいちいちツッコミを入れての掛け合いが絶妙でとてもおもしろかったです。大阪のおばちゃんてすごいですね。

 

f:id:lazytraveler:20171029162405j:plain

送迎バスツアーが最初に寄ってくれたのが湯ノ湖の麓の湯滝。

 

f:id:lazytraveler:20171029163250j:plain

お土産屋さんの先の、湯滝観測台に向かいます。

 

f:id:lazytraveler:20171029163439j:plain

これがその湯滝。うっわーすごい迫力。

 

f:id:lazytraveler:20171029163648j:plain

滝沿いの湯の湖に通じる道を登ってみると、横からの湯滝もすごい迫力。水しぶきが飛んできます。そして、真っ赤な紅葉とのコントラスが本当にきれい。

 

f:id:lazytraveler:20171029163937j:plain

この景色を眺めながら湯ノ湖まで登ってみたかったけど、立ち寄り時間が短いので断念。

 

f:id:lazytraveler:20171029163847j:plain

今度は下りて湯滝を眺める。

 

f:id:lazytraveler:20171029164534j:plain

湯滝の下流のみずも緑色に輝いていてとても澄んだ川の水でした。

 

f:id:lazytraveler:20171029164616j:plain

続いて荒涼とした戦場ヶ原を通って、竜頭の滝に向かいます。

 

f:id:lazytraveler:20171029165958j:plain

途中でバスからちら見できた中禅寺湖の姿。これが今回の旅行でのベスト中禅寺湖ショットかも。。

 

f:id:lazytraveler:20171029170302j:plain

竜頭の滝到着。うわーこのあたりは本当に紅葉見頃を迎えている感じです。人も多い。

 

f:id:lazytraveler:20171029170417j:plain

これが竜頭の滝。うわーすっごい。湯滝に負けず劣らずすごい迫力です。

 

f:id:lazytraveler:20171029170611j:plain

竜頭の滝に沿った道を登ってみますが、やはりすごい迫力。

 

f:id:lazytraveler:20171029170720j:plain

紅葉も満開ですしね。本当にすごい。こんな光景が見れるなんてホテル四季彩さんのツアーに大感謝です。

 

f:id:lazytraveler:20171029170902j:plain

下流から見る穏やかな流れも素敵でした。竜頭の滝にはごついカメラを持ってベストショットを撮ろうとパシャパシャやってる人たちがたくさんいました。確かに、私もビーチブロガーだけでなく紅葉ブロガーも始めようかなと思うほどの絶景ばかりでした。

 

f:id:lazytraveler:20171029171155j:plain

さて、奥日光の二大滝巡りが終わって、中禅寺湖畔に戻ってきました。おおっ、霧が少し抜けて中禅寺湖が微かに見える!

 

f:id:lazytraveler:20171029171348j:plain

どん曇りですがそれでも見られて嬉しー。いっぱい撮っちゃう。

 

f:id:lazytraveler:20171029171614j:plain

うっすらと、周辺の山々が紅葉しているのがわかります。晴れた日に見れたらなあ。

 

f:id:lazytraveler:20171029171749j:plain

湖畔に面して立つ金谷ホテルと、アヒルボート乗り場。ちょっと騒がしそうだけど、今度は金谷ホテルにも泊まってみたいです、晴れてる日に。。

 

f:id:lazytraveler:20171029171931j:plain

そして、送迎バスツアーで最後に立ち寄ったのは、華厳の滝展望台。でも、このもや・・・。

 

f:id:lazytraveler:20171029172201j:plain

清々しいほどに全く何も見えません・・・確かにものすごい滝の音が目の前から聞こえるのですが。でも、むしろ瞑想をして遠くの何かを心の目で見ろ、って言われているようなある意味神秘的な体験でした。

 

f:id:lazytraveler:20171029172415j:plain

ちなみに、この華厳の滝展望台にはお土産屋さんや食べ物屋さんが色々とあり、地元名物のすいとん汁とか鮎の塩焼きとか、美味しそうなものがたくさんでした。ここでホテル四季彩から直接日光に帰る人の送迎バスと待ち合わせ。

車で来て、こういうところで気ままに食事したりして過ごすのも最高だと思いました。道路は混みますが・・・。

 

f:id:lazytraveler:20171029172606j:plain

さて、その日光までの帰りの道ですが、明智平の絶景紅葉を見渡すいろは坂という坂を通って帰りましたが、この通り霧だらけで何も見えず。紅葉の時期には4時間の渋滞といういろは坂ですが、この天気のお陰でガラ空きでスイスイ進みました。いい話ってないですね・・・。

 

f:id:lazytraveler:20171029172910j:plain

JR日光駅到着。

というわけで、目当ての中禅寺湖の紅葉は霧だらけで何も見えない結果となってしまいましたが、ホテル四季彩さんのおかげで、図らずも紅葉見頃の奥日光の滝巡りができて思いがけない壮大な滝々を見ることができたので、結果的に満足な旅行となりました。

次来るときは、晴れた日に、中禅寺湖湖畔のホテルに泊まって、更に湯ノ湖にも行ってみたいなあと思いました。

 

日光①:どしゃぶり日光と金ピカ東照宮

f:id:lazytraveler:20171023000142j:plain

京都旅行記を書き始めたところですが、早めの紅葉目当てに日光+中禅寺湖に行ってきたので、そのレポートを残しておきます。

 

f:id:lazytraveler:20171022230809j:plain

しかし、紅葉目当ての旅でありながら、このどん曇りというかどしゃぶり。東武日光ラインから見た利根川も今にも氾濫しそう。

 

f:id:lazytraveler:20171022231004j:plain

栃木県の車窓が怖いくらい天気悪いですーもののけが出そう(←ひどい)。そして電車内では社内旅行のどんちゃん騒ぎが。。。関東の近場の旅っていろんなリスクあるなあ。

 

f:id:lazytraveler:20171022231246j:plain

しもいまいちという駅で日光駅行きの各駅電車に乗り換え。ほんといまいちな天気です。

 

f:id:lazytraveler:20171022231428j:plain

正午に東武日光駅到着。どよーん。ここで14時40分に中禅寺湖の宿のお迎えがくるので、ちゃちゃっと東照宮観光をすべくバスではなくタクシーで東照宮へ。

 

f:id:lazytraveler:20171022231903j:plain

東照宮の敷地内にある明治の館という洋館レストランに来ました。並んでるけど回転早くて結構すぐ入れます。

 

f:id:lazytraveler:20171022232029j:plain

高原の別荘地にあるクラシックな洋風レストランて感じの内装。

 

f:id:lazytraveler:20171022232126j:plain

名物のデミグラスソースのふわふわオムライスをいただきました♡美味しかった。実はその前にクラムチャウダーも頼んでかなりガッツリした昼食に。

 

f:id:lazytraveler:20171022232355j:plain

お腹膨れ、宝物館を通って東照宮に向かいます。宝物館に上島珈琲店が入ってる。

 

f:id:lazytraveler:20171022232542j:plain

で、東照宮。ぎゃーすごい人と傘。平日なのに。。

 

f:id:lazytraveler:20171022232649j:plain

門の前にあるのが五重塔。なんか修学旅行生とか課外活動中の小学生の群れとかが多くて、その群れの先頭で解説をしているガイドさんの話を盗み聞きしたところによると、東照宮徳川家康を祀る墓として孫の徳川家光が建てたものであって、よく大名たちが作ったと言われるけど大名が作ったのはこの五重塔だけなのだ、とのこと。ふんふんと拝聴。

 

f:id:lazytraveler:20171022233045j:plain

人の波に飲まれながら東照宮の中へ。どどん。神厩舎(しんきゅうしゃ)

 

f:id:lazytraveler:20171022233704j:plain

象が二頭彫られています。この時代、象は日本におらずほとんど架空の動物だったようで、ここに彫られているのも象を想像して作ったものだそうです(これも課外活動の小学生に説明するガイドさんから拝聴)。

 

f:id:lazytraveler:20171022233203j:plain

面白いのがこの三猿という彫刻。

 

f:id:lazytraveler:20171022233521j:plain

見ざる、聞かざる、言わざるが彫られている!おちゃめですね。

 

f:id:lazytraveler:20171022233930j:plain

金ピカの装飾が光る本堂へ。本当にすごい観光客です。なんでも数十年ぶりに金の部分を12億かけて塗り替えたばかりだそうで、人が多い時期だったようです。

 

f:id:lazytraveler:20171022234321j:plain

確かに金はピッカピカ。

 

f:id:lazytraveler:20171022234429j:plain

なんか金ピカのお侍さんいます。

 

f:id:lazytraveler:20171022234701j:plain

頭上に眠り猫。ここをくぐるのが大人気で渋滞できてました。

 

f:id:lazytraveler:20171022234904j:plain

東照宮、少ししか見れませんでしたが、とにかく金ピカで装飾にユーモアもあって見応えありました。京都のお寺とかよりだいぶモダンな気がしますね。やっぱ近代の建物か。

 

f:id:lazytraveler:20171022235212j:plain

いやーしかしひどいときに来てしまった。

 

f:id:lazytraveler:20171022235441j:plain

このあとタクシー乗り場でなかなか来ないタクシーをようやく捕まえて東武日光駅の宿の送迎バスまでたどり着いたのですが、そのとき乗ったタクシーの運転手さんいわく、今日は雨だし平日なのでこれでもまだマシな方なんだとか。日光は道路が少なく駐車場が足りないので、休日は道路が全く動かず、せっかく観光客がたくさん来ても逆にタクシーの回転率も悪くて稼げもしないんですとぼやかれていました。。日光ってそんな大変なところなんですね、恐れ入りました。

 

さて、どしゃぶり奥日光日記は後半に続きます。

京都①:トロッコ列車で駈ける新緑の嵐山と天龍寺の名庭(+奈良)

f:id:lazytraveler:20171009153346j:plain

最近京都に行く機会が多かったので、ビーチリゾートとヨーロッパというブログの方向性とは真逆の地ではありますが、数回に分けて京都旅行の記録をまとめて綴っていきたいと思います。

 

まずは6月下旬に行った新緑の季節の京都・嵐山のトロッコ列車旅行記から。京都は何度か来ていますがあまり観光らしい観光はしたことないので、今回はとことんツアリスティックに行きます。

 

f:id:lazytraveler:20171009153857j:plain

この時泊まったのは、「ノク京都」という京都御所至近・丸太町駅直結のホテル。2015年に、それまでの東急ハーベストを買収してシンガポール資本のホテルが新築改装したホテルだそうです。京都なのにシンガポール資本。

 

f:id:lazytraveler:20171009154310j:plain

でもお部屋は、てまりが飾ってあったりしてとっても京都風。外国資本だからこそ逆に京都を強く意識するってさもありなん。

 

f:id:lazytraveler:20171009154609j:plain

京の名水・伏水のミネラルウォーターに、古風な急須。

 

f:id:lazytraveler:20171009154820j:plain

そして嬉しかったのが備え付けのコーヒー・お茶・お茶菓子のサービス。コーヒーはホテルの1階に入っている前田珈琲のドリップだし、小山園の煎茶・ほうじ茶・抹茶ロールクッキーもとっても美味しかったです。はしたないけどお部屋で食べなかった分も全部持って帰っちゃいました☆

 

f:id:lazytraveler:20171009155324j:plain

居心地のいいお部屋で、静かな京の夜が過ぎていきました。

 

f:id:lazytraveler:20171009155432j:plain

翌朝は、朝からホテル名物のローストビーフ丼の朝食。前田珈琲の洋食セットと迷いましたが、名物だということでこの和食をチョイスしました。量も多すぎずお肉柔らかく美味しかったですが、味付けが日本というよりは東南アジアっぽかったかも。やっぱりシンガポール資本らしくアジア圏のお客様に合う味付けにしてるんでしょうね。次は洋食セットを試してみたい。

 

f:id:lazytraveler:20171009155936j:plain

さてもりもり食べた後、ノク京都からバスでJR山陰本線花園駅まで行き、そっからトロッコ列車の終点駅であるトロッコ亀岡駅最寄りの馬堀駅まで向かいます。

 

f:id:lazytraveler:20171009161502j:plain

JR山陰本線からも、かなり素敵な渓谷の車窓が見れました。ていうか何気にベストショット?

 

f:id:lazytraveler:20171009162122j:plain

でもお目当ては、トロッコ列車から眺める嵐山の渓谷なのだー!JR馬堀駅から、トロッコ亀岡駅へ向かう道は超牧歌的。

 

f:id:lazytraveler:20171009163155j:plain

あ、やきいも屋さん。

 

f:id:lazytraveler:20171009163332j:plain

トロッコ亀岡駅到着。

 

f:id:lazytraveler:20171009163713j:plain

トロッコ亀岡駅はお土産屋さんなど結構あり、人でごった返していました。海外からの観光客多いですね。

 

f:id:lazytraveler:20171009163845j:plain

満席のトロッコ列車に乗り込んでいざ出発。このトロッコ列車は、全席指定で、旅行前から予約して、京都駅のJR西日本の窓口で受け取って来ました。JR西日本みどりの窓口じゃないと受け取れない(JR西日本以外のJR窓口や、トロッコ列車各駅では受け取れないのです!)ので要注意です。

 

f:id:lazytraveler:20171009164731j:plain

さて出発=3 ここからはしばしトロッコ列車からの渓谷ビューをお楽しみください。

  

f:id:lazytraveler:20171009165019j:plain

f:id:lazytraveler:20171009165504j:plain

f:id:lazytraveler:20171009152956j:plain

f:id:lazytraveler:20171009170342j:plain

f:id:lazytraveler:20171009170229j:plain

うーんローレライって感じ。

 

f:id:lazytraveler:20171009170536j:plain

途中の駅にいた仮面のおじさん。トロッコ列車主催の余興かな。

 

f:id:lazytraveler:20171009170658j:plain

たぬきも並んでる。

 

f:id:lazytraveler:20171009170800j:plain

壮大な渓流下りはまだ続きます。

 

f:id:lazytraveler:20171009170919j:plain

でも途中から私が座っている席と反対側の席の窓際に渓流ビューが移りました。どちらの席からも渓流ビューが見れるように工夫されているようです。ただ、心なしか私が座った側(亀岡駅→嵐山駅の列車で向かって左側)の方が渓流ビューが多かったような。

 

f:id:lazytraveler:20171009171810j:plain

渓流下り終了、終点トロッコ嵯峨駅の一個前のトロッコ嵐山駅で下車します。うーん渓流ビューは天気も曇りがちなこともありまあまあだったかな。あと観光客多すぎですね、超ツアリスティック。でも風に吹かれて気持ちよかったです。

 

f:id:lazytraveler:20171009172155j:plain

さて風流な嵐山駅に出ました。

 

f:id:lazytraveler:20171009172254j:plain

人の流れに沿って、竹林の道に向かいます。

 

f:id:lazytraveler:20171009172520j:plain

出ました、竹林の道。すごい修学旅行生の数。。。

 

f:id:lazytraveler:20171009172731j:plain

よいしょっと。カメラを上に向けて観光客をカット。

 

f:id:lazytraveler:20171009172837j:plain

きれい、きれい。

 

f:id:lazytraveler:20171009172917j:plain

みんな私と同じようにカメラを上に向けて竹林を撮ってますね。竹林の道終了。

 

f:id:lazytraveler:20171009210742j:plain

さて天龍寺の敷地内にやってきました。

 

f:id:lazytraveler:20171009210841j:plain

いたるところにあじさいが咲いていてきれい。

 

f:id:lazytraveler:20171009211116j:plain

名前の立て札が書かれている桜の木もちらほら。春には桜が満開になるんですかねえ。

 

f:id:lazytraveler:20171009211256j:plain

整備されたお庭の展望台。

 

f:id:lazytraveler:20171009211351j:plain

天龍寺が見下ろせます。

 

f:id:lazytraveler:20171009211557j:plain

で、やってきました、天龍寺の名庭。

 

f:id:lazytraveler:20171009211731j:plain

嵐山を背景に、どーん。これ、もっと晴れてたり紅葉を池が反射してたりしたら最高に美しいでしょうねえ。

 

f:id:lazytraveler:20171009211934j:plain

これぞ京の名庭、あっぱれな天龍寺のお庭でした。

 

f:id:lazytraveler:20171009212242j:plain

さて、天龍寺をあとにして、フラフラと渡月橋の方に向かうことにします。

 

f:id:lazytraveler:20171009212414j:plain

山に囲まれた広い道をてくてく歩きます。

 

f:id:lazytraveler:20171009212643j:plain

渡月橋到着。ふーむ。

 

f:id:lazytraveler:20171009212831j:plain

ものすごい数の修学旅行生がいます。

 

f:id:lazytraveler:20171009213116j:plain

橋の上から。

 

f:id:lazytraveler:20171009213402j:plain

子どもたちも。 

 

f:id:lazytraveler:20171009213455j:plain

曇っていたのが玉に傷でしたが、渡月橋から見る嵐山、なかなか雄大でした。

 

f:id:lazytraveler:20171009213618j:plain

さて、すごい人だしお昼ご飯でも食べて帰ろう。

 

f:id:lazytraveler:20171009213718j:plain

ふらっと開店したばかりだったうどん屋さんに入りました。おつゆが京風だしではなく濃口の関東風うどんでしたが、すぐ出てきたし、甘じょっぱい九条ねぎのきつねうどんで満足でした。

 

f:id:lazytraveler:20171009214013j:plain

バス停までの帰り道、人力車がたくさん走っていました。私、人力車って浮いてる感じが怖いしなんだか申し訳なくて乗れないんですよね。。

 

ということで、トロッコ列車からの嵐山&天龍寺でしたが、特にトロッコ列車はとにかく観光客ですし詰めでツアリスティックです。渓流も天龍寺のお庭も渡月橋もきれいだけど、すごく晴れてるか紅葉してるかしていたほうがもっとエキサイティングだったろうと思います。まあでも、京都の他の観光スポット(まだ銀閣寺や南禅寺しか行ったことありませんが)に比べたら、田舎で土地が広大なので、そこまで人混みにやられるこなく美味しい空気が吸えて悪くないとは思いました。

 

でも、実はちょっと物足りなかったので、このあと思い立ってふと奈良に行って鹿と東大寺を見てきました。

 

f:id:lazytraveler:20171009214630j:plain

鹿だらけの奈良公園

 

f:id:lazytraveler:20171009214817j:plain

道路沿いにもくつろぐ鹿。

 

f:id:lazytraveler:20171009214955j:plain

五重の塔。

 

f:id:lazytraveler:20171009215109j:plain

なんか奈良公園オクトーバーフェストやってた!

 

f:id:lazytraveler:20171009215147j:plain

黒ビールで参加。いえーい。

 

f:id:lazytraveler:20171009215528j:plain

東大寺の南大門。やっぱり鹿。

 

f:id:lazytraveler:20171009220420j:plain

南大門の左右には運慶・快慶作の金剛力士像の復刻版が。

 

f:id:lazytraveler:20171009215644j:plain

そして東大寺。すごい立派。

 

f:id:lazytraveler:20171009215839j:plain

大仏さま〜。

  

f:id:lazytraveler:20171009221619j:plain

お隣の方もすごい。

 

f:id:lazytraveler:20171009220003j:plain

外にもなんかすごい人いました。説法に優れた伝説の聖者だそうです。

 

f:id:lazytraveler:20171009220139j:plain

東大寺の敷地は高台でお庭もとってもきれい。

 

f:id:lazytraveler:20171009220304j:plain

きんぴかの塔もある。

 

f:id:lazytraveler:20171009220742j:plain

東大寺はほんとに広大で立派でした〜。広すぎて観光客がいくらいても気になりません。思い立って来たけど今日の主役はこちらだった。

 

f:id:lazytraveler:20171009221304j:plain

でも、本当の主役は鹿。

 

f:id:lazytraveler:20171009221411j:plain

ばいばい。

沖縄・渡嘉敷島②:とかしくマリンビレッジで海亀を探して

f:id:lazytraveler:20170910120125j:plain

渡嘉敷島二日目。

今日は一日、宿のとかしくマリンビレッジでのんびりして、とかしくビーチでウミガメを探したりして過ごす予定です。

 

f:id:lazytraveler:20170910121801j:plain

朝起きて、ベランダから目の前のとかしくビーチを眺めます。まだ陽が控えめで静かな海です。

 

f:id:lazytraveler:20170910121923j:plain

とかしくビーチの目の前に静かに建っているとかしくマリンビレッジ。野外の朝食会場にはまだ誰もいない様子。

 

f:id:lazytraveler:20170910122054j:plain

お隣には同じく海の目の前に一軒家が建ってます。うわーあそこに住んでる人毎日こんな海の眺めが独占できるなんていいなあ。

 

f:id:lazytraveler:20170910122557j:plain

宿のレストラン「タートル」に朝食をとりに行きます。朝食は8時半までと決まっており、レストラン前の廊下もなかなかで、まるで国民宿舎みたいですが・・・

 

f:id:lazytraveler:20170910220132j:plain

レストランの屋外スペースに出ちゃえば、海を垣間みながらの野外席が用意されていて一気にリゾート気分♪しかも多くの日本のお客さんはなぜか外に出ないで室内で食べているので、私たちか欧米系のゲストだけが野外席に陣取ってました。

 

f:id:lazytraveler:20170910123333j:plain

朝食はプレートに盛る素朴なバイキング。朝から和食が取れるし、日本人の私たちには十分十分。(外国のお客さんにとっては少し厳しい朝食だったようで、欧米人はひたすらクロワッサンを食べてたりしてました。リゾートチックにカスタマイズしてない日本食は、確かに外人の方には少し難しいかもですね)

 

f:id:lazytraveler:20170910122848j:plain

しかもこうして海を見て潮風にふかれながらの朝ご飯、サイコーです。

 

f:id:lazytraveler:20170910123153j:plain

このとかしくマリンビレッジの凄いところは、海だけでなく山にも囲まれているということ。ビーチリゾートと山岳リゾートの気分が同時に味わえるというか。

 

f:id:lazytraveler:20170910213114j:plain

ゆっくり野外朝食をとって、その足でぶらっと宿の周辺を散歩してみることにしました。

 

f:id:lazytraveler:20170910220948j:plain

海側と反対側の宿の周りは山に囲まれた田舎道。

 

f:id:lazytraveler:20170910225006j:plain

ビーチリゾートでこの山ですよ。

 

f:id:lazytraveler:20170910223257j:plain

宿の前の道をちょっと進むと、整備された公園が現れます。

 

f:id:lazytraveler:20170910225217j:plain

セントラルパークみたい!って行ったことないけど。

 

f:id:lazytraveler:20170910225704j:plain

なかなか迫力のある元気な木々達が生い茂っています。

 

f:id:lazytraveler:20170910225816j:plain

公園を進むと2階建ての高台を発見。

 

f:id:lazytraveler:20170910230118j:plain

そこからの眺めはこの一面の海。

 

f:id:lazytraveler:20170910230253j:plain

うわあ綺麗。

 

f:id:lazytraveler:20170910230534j:plain

朝で人が少ない、静かな静かな海が広がっています。

 

f:id:lazytraveler:20170910230735j:plain

いつまでも眺めていたい・・・

 

f:id:lazytraveler:20170910230852j:plain

絵はがきのような光景。

 

f:id:lazytraveler:20170910231212j:plain

高台を降りて直接ビーチに出ると

 

f:id:lazytraveler:20170910231550j:plain

うわあ

 

f:id:lazytraveler:20170910231724j:plain

本当に息をのむ静寂の美しさ。ここはセイシェルか。行ったことないけど。

 

f:id:lazytraveler:20170910231906j:plain

まだ那覇からの朝一の高速船も来ていないから実現できるこの静寂の海の美しさですね。島の泊まり客の特権。

 

f:id:lazytraveler:20170910232201j:plain

このとかしくマリンビレッジの隣の公園から眺める海、サイコーでした。静かだしこの公園は穴場です。

 

f:id:lazytraveler:20170910232521j:plain

公園内には変わったオブジェもあったりするし。これはキノコ?

 

f:id:lazytraveler:20170910232705j:plain

変な猫のおじさん?

 

f:id:lazytraveler:20170910232744j:plain

なんか横から見ると哀愁が漂う・・・

 

f:id:lazytraveler:20170910233047j:plain

充実した朝の散歩を終えて、宿に戻ります。

 

f:id:lazytraveler:20170910233344j:plain

お部屋に戻ったらベランドから見渡せる海の色もすっかり日に照らされて明るくなってきていました。

 

f:id:lazytraveler:20170910233741j:plain

キラキラ海を面前に、ますます羨ましいお隣の一軒家。

 

f:id:lazytraveler:20170910233910j:plain

さーて目の前の海に突進するぞー!今日こそとかしくビーチ名物のウミガメを探さなきゃ。

 

f:id:lazytraveler:20170910234008j:plain

水着に着替えて日焼け止め塗ってざぶーーん!!

 

f:id:lazytraveler:20170910234337j:plain

昨日水中対応カメラを壊してしまったので、宿の売店で買った水中カバー付き写るんですで撮影。懐かしいねじまきのインスタントカメラなので、画像はいまいちだけど一応撮れてます。

 

f:id:lazytraveler:20170910234550j:plain

とかしくビーチには、かなり沖の方に行くまでお魚や珊瑚はほとんどいないので、泳ぎの得意な相方にカメラを託して沖の方まで行って撮ってきてもらいました。遊泳区域内ギリギリの沖まで来てようやくこのくらいの魚の群れが現れる感じだそうです。

 

f:id:lazytraveler:20170910234745j:plain

カメちゃんどこだーい。お前じゃないよ。

 

f:id:lazytraveler:20170910234947j:plain

ほぼ死んでる珊瑚。カメちゃーん。

 

f:id:lazytraveler:20170910235046j:plain

大きな珊瑚はいても、カメはいない。

 

f:id:lazytraveler:20170910235222j:plain

ぷはっ。一度休憩。

 

f:id:lazytraveler:20170910235320j:plain

うーむ人も賑わってきましたが、誰もカメを見つけている様子はありません。

 

f:id:lazytraveler:20170910235412j:plain

予約しておいたパラソルの下のデッキチェアでごろり休憩。ちなみにこのチェア、折りたたみ式でうまく形が作れずかなり不安定です。

 

と、ごろごろしていたところ、何やら海の一部で人が集まって賑わっている箇所を発見したので、もしや?と思い行ってみると・・・

 

f:id:lazytraveler:20170913101906j:plain

いたー!カメちゃーん!!

 

f:id:lazytraveler:20170913102000j:plain

きゃー!!こっち向いてええ。

 

f:id:lazytraveler:20170913102032j:plain

しかし、私みたいな人たちが集まってカメちゃんものっすごく囲まれてます。ちょっとかわいそう・・・

 

f:id:lazytraveler:20170913102922j:plain

特に子供達を押しのけてカメちゃんに接写して回ってたのがこのフランス人ぽいお兄さん。近すぎてカメちゃんストレス感じてるよー。

 

f:id:lazytraveler:20170913103050j:plain

といいつつ我々も負けじと接近してパシャリ。わーいいい写真撮れた。お兄さん邪魔だけど。

 

f:id:lazytraveler:20170913103643j:plain

カメに会えてすっかり満足し、午前中の海遊びは終了。一度お部屋に帰ってシャワー浴びて休憩。

 

f:id:lazytraveler:20170913103808j:plain

ベランダから海を見てると、さっきまで私も群がっていたカメを囲む集団が見えます。

 

f:id:lazytraveler:20170913104153j:plain

とかしくビーチでこんな感じで海の中で群がっている集団がいれば、その中心にウミガメがいます!そういう意味ではカメを手っ取り早く探すには混雑時に行った方がわかりやすいのかも・・・。

 

f:id:lazytraveler:20170913104406j:plain

お腹すいたので、また宿唯一のレストラン「タートル」の野外でお昼ご飯。

 

f:id:lazytraveler:20170913104918j:plain

私は沖縄そばセット、相方はカツカレーセットを注文。沖縄そば美味しーい♪♪

 

f:id:lazytraveler:20170913105817j:plain

テラス席の奥の木陰に喫煙スペースがあって、そこで欧米系のお姉様二人がタバコすってる。なんか格好いい光景。

 

f:id:lazytraveler:20170917230156j:plain

テラス席のあるお庭の茂みからのぞくとこのとかしくビーチの眺め。

 

f:id:lazytraveler:20170917230352j:plain

その茂みから直接ビーチに出る道もあります。

 

f:id:lazytraveler:20170917230733j:plain

ふらーっと歩けば、朝に立ち寄った二階建ての高台の1階部分にひょっこりたどり着きます。ここ、頑丈な日陰だし、ビーチ沿いで不安定なチェアに乗って薄いパラソルの日陰を頼りに休んでるより、ここに来て休んだ方がずっと良さそう。穴場です。

 

f:id:lazytraveler:20170917230950j:plain

こっち側のビーチの方が静かでのんびりできるしね。

 

f:id:lazytraveler:20170917231241j:plain

よーし最後にもうひと泳ぎしますか。

 

f:id:lazytraveler:20170917231344j:plain

とかしくビーチの遊泳時間は17時までで、あと1時間もなく、日帰り客も帰ってすいてきたビーチ。

 

f:id:lazytraveler:20170917231549j:plain

むむ、でもあそこにできている丸い人だかりは・・・

 

f:id:lazytraveler:20170917231802j:plain

やっぱりいたー!カメちゃん。

 

f:id:lazytraveler:20170917231942j:plain

このカメちゃんはさっきのカメちゃんとは別の子のようで、片腕に何やら青い印が付いています。宿が管理してるのかな?

 

f:id:lazytraveler:20170917232250j:plain

息継ぎのために上昇するカメちゃん。ウミガメって、定期的に海面に顔を出して息継ぎするみたいですね。やっぱりえら呼吸じゃなくて肺呼吸なんですね。

 

f:id:lazytraveler:20170917232503j:plain

カメちゃんさよーならー。全部で3匹(午前中に実は2匹とこの1匹)ウミガメが見れて満足でした。

 

f:id:lazytraveler:20170917232950j:plain

部屋に戻ってベランダからサンセットを見て。

 

f:id:lazytraveler:20170917233109j:plain

夜ご飯はまた野外テラスでオリオンビールとともに。今日はバイキングでした。昨日みたいなバーベキューじゃなくて残念だけどまあ十分。

 

f:id:lazytraveler:20170917233257j:plain

レストランからの帰りに売店前の図書コーナーに寄ってビーチリゾート雑誌をビックアップ。さすがダイビング雑誌がたくさん置いてあります。図書コーナーも小説や漫画など充実でした。

 

f:id:lazytraveler:20170917233614j:plain

ちなみにこちらの売店、食べ物から海用品まで何でも売っていて便利でした。カップラーメンを買ったらレストランでお湯も入れてくれるのだそうです。

 

f:id:lazytraveler:20170917233844j:plain

私たちはカメを撮った水中写るんですの他、こちらのサングラスも2つ購入しました♪眼鏡の上からもかけられるサイズでそれでいてお洒落で、忘れたものの補充としては満足な買い物でした。今後も愛用できそう。

 

f:id:lazytraveler:20170917234053j:plain

部屋に帰って、ピックアップしたリゾート雑誌を読みながら最後の夜を過ごしました。モルディブ最盛期のモルディブ雑誌。超貴重です。やっぱりまたモルディブ行きたいなあ。

 

f:id:lazytraveler:20170917234548j:plain

翌朝。もう最終日です。今日もモリモリバイキングを盛ります。

 

f:id:lazytraveler:20170917234522j:plain

おなじみのテラス席で最後の海を眺めながら朝食。

 

f:id:lazytraveler:20170917234810j:plain

そして送迎バスで宿を後にします。さよなら、とかしくマリンビレッジととかしくビーチ。また来たいです。

 

f:id:lazytraveler:20170917234912j:plain

海にも、こんな生い茂る緑にも恵まれた、いい島でした、渡嘉敷島

 

f:id:lazytraveler:20170917235019j:plain

朝一の高速船に乗って、さようなら〜。

 

f:id:lazytraveler:20170917235130j:plain

ちなみに、帰りの高速船、35分と短かったものの、とっても揺れて絶叫苦手な私には怖かったです。倍の時間掛かっても行きのフェリーの方が断然良かった。次は絶対往復ともにフェリー。

 

f:id:lazytraveler:20170918002847j:plain

泊港からは、少し歩いたところにあるモノレールの駅からモノレールで那覇空港まで向かいました。モノレールは混んでたけど外の景色は気持ちいい。

 

f:id:lazytraveler:20170918003147j:plain

なんか、那覇空港の近くに珍しい飛行機(軍事機?)を展示してる所がありました。

 

f:id:lazytraveler:20170918003324j:plain

那覇空港到着。

 

f:id:lazytraveler:20170918003403j:plain

最後に空港の食堂で沖縄そばを食べて、3泊4日の沖縄・渡嘉敷島旅行は幕を閉じました。

 

f:id:lazytraveler:20170918003803j:plain

ちなみに家に帰るまでが旅行ですが、羽田空港からの帰りのモノレールでは最前列に座れて列車でゴー状態で東京湾を眺められました。最後までいい旅行でした。

 

ということで、初・慶良間諸島渡嘉敷島でしたが、素朴で緑豊かで海が綺麗で、サイコーの島でした。ウミガメと遊べるとかしくマリンビレッジもとてもいい宿でした。残念だったのは阿波連ビーチ前で水中対応デジカメを壊して阿波連ビーチの水族館のような海中世界が撮れなかったこと。次は絶対阿波連ビーチに近いケラマテラスに狙いを定めて、阿波連ビーチリベンジしに来ます。

やっぱり素晴らしい沖縄。まだまだ他の離島も行ってみたいです。毎年夏は沖縄かな☆