読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーチリゾートとヨーロッパの旅行記

2013年から2015年にかけてビーチリゾートとヨーロッパを旅行しまくった海好き女の旅行記です。帰国後は主に日本の美ビーチを巡っています。

沖縄・石垣&竹富②:浅瀬が砂州に変わるとき〜竹富島の奇跡、絶景コンドイ浜

f:id:lazytraveler:20151003233530j:plain

竹富島2日目。

今日は一日、のんびり竹富島観光です。

 

ホテルピースアイランド竹富島の赤煉瓦コテージで迎える竹富島の朝。晴れてよかった!

f:id:lazytraveler:20151003225144j:plain

 

ホテルの朝食は朝から沖縄を感じられる純和食。健康的で幸せです。

f:id:lazytraveler:20151003225610j:plain

 

朝食のあとは、ホテルで自転車をレンタルして、いざ竹富島めぐりへ。ちなみに自転車のレンタル代は1時間300円、一日1500円でした。我々は時間に圧迫された気分にならないように一日レンタルを選択。

f:id:lazytraveler:20151003225827j:plain

 

竹富島は小さい島ですが街の中心以外はこのような車道の田舎道が続くので、自転車でサイクリングしながら巡るのが効率的だと思います。

f:id:lazytraveler:20151003230333j:plain

 

サイクリングのお目当ては、竹富島どころか沖縄でも1、2を争う美しさで有名だと言うコンドイ浜です。ホテルからは自転車で5分くらい。

f:id:lazytraveler:20151003230630j:plain

 

広大な遠浅のビーチで有名なコンドイ浜

f:id:lazytraveler:20151003230920j:plain

 

波も穏やかでとても広いビーチです。

f:id:lazytraveler:20151003231405j:plain

 

監視等がないため「ビーチ」と呼ぶことは認められていない浜だそうですが、トイレや隠れて着替える場所などは一応あり、出張版海の家のような車も駐留していて飲み物や軽食も食べることができました。

f:id:lazytraveler:20151004002424j:plain

 

最初は曇りがちでしたが、ビーチに沿って歩いていると、日が照ってきて、本当に小さな南の島の周辺を歩いている気分になってきました。

f:id:lazytraveler:20151003231853j:plain

 

きゃー!!海が綺麗!!

f:id:lazytraveler:20151003232329j:plain

 

これはもう、モルディブですね。竹富島モルディブだった。

f:id:lazytraveler:20151003232646j:plain

 

しかし、このコンドイ浜、かの楽園モルディブを彷彿とさせるだけでは終わらないのです。午前中の早い時間にはこのようにじゃぶじゃぶと水に使って泳げるような浜だったのですが。。

f:id:lazytraveler:20151003234133j:plain

 

だんだんと、水位が下がって行き。。

f:id:lazytraveler:20151003235023j:plain

 

ついにはこんな状況に!

f:id:lazytraveler:20151003235527j:plain

 

みるみるまに、現れた砂州。どうやら満潮から干潮に変わる瞬間に立ち会えたようです。

f:id:lazytraveler:20151003235643j:plain

 

これ、海のビーチ際、じゃないんですよ、ビーチからだいぶ沖の方に来たはずの場所に現れた砂州なんです。

f:id:lazytraveler:20151003235758j:plain

 

な、なんて美しいサンドバンクなんでしょう。。

f:id:lazytraveler:20151003233530j:plain

 

島としても海としてもシチュエーションとしても、美しすぎます。

f:id:lazytraveler:20151004000148j:plain

 

そして砂州が現れた瞬間、白い鳥達が一斉に飛び立ち、もう天国に召されてしまうのかと思いました。

f:id:lazytraveler:20151004000646j:plain

 

かと思えば、現れたサンドバンクの上でムード満点に二人きりの世界を形成しているカップルがいたり。

f:id:lazytraveler:20151004001000j:plain

 

そしてそのカップルの前をさっきの鳥達が舞って祝福していたり。

f:id:lazytraveler:20151004001220j:plain

 

ウェディングドレスを来てちゃっかりロケをしている人までいたり(海外までわざわざ行かなくても十分すぎるロケ地ですね)。

f:id:lazytraveler:20151004001402j:plain

 

とにかくこの世のものとは思えない、美しく、神秘的な空間でした。

f:id:lazytraveler:20151004001647j:plain

 

しかしこれ以上長く居ると単なる干上がった陸地になってしまいそうなので、幻想が消えないうちにそろそろおいとまします。

f:id:lazytraveler:20151003235323j:plain

 

コンドイ浜、沖縄で1、2を争うと言われるだけのことはある、いやもうそれ以上に、過去に行った名だたるビーチリゾートにも比類なき幻想的な美しさを持つビーチでした。

f:id:lazytraveler:20151004002021j:plain

 

さて続いては、コンドイ浜からほと近い、カイジ浜と呼ばれるビーチへもちょっと立ち寄り。

f:id:lazytraveler:20151004134525j:plain

 

カイジ浜、漢字では皆治浜、って書くんですね。

f:id:lazytraveler:20151004181545j:plain

 

別名星砂浜とも呼ばれるらしいカイジ浜。その砂が星形をしていることに特徴があるのだとか。

f:id:lazytraveler:20151004184705j:plain

 

ビーチの入り口に星砂の見本が置かれていました。確かに星の形をした小さな砂たち。

f:id:lazytraveler:20151004185237j:plain

 

ビーチ際では、そんな星の砂を探してしゃがみ込む人たちがちらほら。

f:id:lazytraveler:20151004185712j:plain

 

砂浜の砂質はだいぶ違いますが、海自体はコンドイ浜から繋がっている同じ海なので、今は干潮の浅瀬になっています。

f:id:lazytraveler:20151004190802j:plain

 

遊泳する感じではありませんでしたが、コンドイ浜と同様に、浅瀬の海がとても綺麗なカイジ浜でした。

f:id:lazytraveler:20151004185935j:plain

 

さて、コンドイ浜で泳いだ水着のままなので、一度ホテルに帰るべく自転車を走らせます。ワイルドな自然に囲まれた一本道をぐんぐんすすみます。

f:id:lazytraveler:20151004191348j:plain

 

途中で昨日の夕方に見に行った西桟橋にまた寄り道してみました。

f:id:lazytraveler:20151004191613j:plain

 

するとここは干潮によって昨日の夕方からは変わり果てた姿が露になっていました。満潮と干潮ってもの凄い違いがあるんですね。

f:id:lazytraveler:20151004191835j:plain

 

以上、竹富島のビーチ巡り、運良く満潮から干潮に変わる時間帯にコンドイ浜の奇跡的な光景が見れて、感動の体験をすることができました。綺麗なビーチを求めてモルディブタヒチやヨーロッパのビーチリゾートなどさんざん巡ってきた私でしたが、この竹富島コンドイ浜については、「灯台下暗し」だったというか、とにかく美しさに仰天しました。よく、海外の秘境ビーチのサンドバンクに行くツアーとかありますが、そんなことしなくても竹富島コンドイ浜にくれば十分なのでは?と思ってしまうほどでした。

ということで、干潮時のコンドイ浜、絶対おすすめです。私は運良くちょうど満潮から干潮に変わる瞬間に出くわすことができましたが、干潮・満潮は毎日変動するもののようなので、事前にチェックして向かうといいと思います(ホテルにも干潮・満潮の時刻表が貼ってあったりします)。

 

さて、一度ホテルに戻ってシャワーを浴びた後は、竹富島の街歩きに出かけます♩