読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーチリゾートとヨーロッパの旅行記

2013年から2015年にかけてビーチリゾートとヨーロッパを旅行しまくった海好き女の旅行記です。帰国後は主に日本の美ビーチを巡っています。

ギリシャ・エーゲ海クルーズ⑤:スーパーパラダイスなビーチ天国、ミコノス島

f:id:lazytraveler:20150614070434j:plain

ノルウェージャン・ジェイドで行くエーゲ海クルーズ5日目。

今日の寄港先は、美しいビーチに囲まれたパーティ島として有名な、ミコノス島です。

 

ミコノス島はサントリーニ島と人気を二分するギリシャを代表する観光島ですが、断崖絶壁のサントリーニ島とは異なりなだらかな平べったい島です。 

f:id:lazytraveler:20150614005204j:plain

 

朝8時にミコノス島到着。昨日サントリーニ島に出る際に待たされた経験から、今日は上陸時間前に出口付近に待機して上陸ほぼ一番乗り。

f:id:lazytraveler:20150614005500j:plain

しかし、勇み足過ぎたか、この港からミコノスタウンの中心まで無料で乗客を届けてくれるバスの出発にはもう少し時間がかかりそう。

と待っていたところへ、商売上手なタクシーのおじちゃんがやってきて、「パラダイスビーチに20ユーロで連れて行ってあげるよ。朝に誰もいないビーチでゆっくりして、それからミコノスタウン観光、これがベストな日程さ!」と勧誘してきました。

最初に街の観光をしてから、日中の海が温かくなってきた頃合いでビーチで水遊びをしようかと思っていたのですが、確かにまずメインのビーチ訪問をすましてから街の観光をした方が気持ち的にも落ち着くし、交通的にも今すぐビーチに連れて行ってもらった方が楽です。

「パラダイスビーチではなくてスーパーパラダイスビーチに行ってもらえます?」「スーパーパラダイス!おお・・・!そこも見る価値のあるビーチだよ。ただし30ユーロかかるよ」

おじちゃんのスーパーパラダイスと聞いたときの反応が少し気になりましたが、商談成立。他の乗客に先駆けて、朝一のスーパー・パラダイスビーチに向かうことにしました。ミコノス島には島中に様々な有名なビーチがあってどこに行こうか迷ったのですが、スーパー・パラダイスビーチというのが島で最も洗練されたビーチ、と言われるらしいので、そこにすることにしました。うまく行けば、スーパーパラダイスビーチからボートでつながっているプロティ・ヤロスというもう一つの要所ビーチにも寄れるかもしれません。

 

ミコノス島を横断してスーパーパラダイスビーチに向かいます。ミコノス島はほとんどが平たい荒野のような島で、白くて四角い家々がぽつりぽつりと点在しています。

f:id:lazytraveler:20150614012851j:plain

 

10分ほどでSuper Paradiseと書かれたエントランスの前に着きました。タクシーのおじちゃんにここで待ってて次のビーチに連れて行ってあげてもいいよと言われましたが、のんびりしたいのでお断りして、帰りはバスで帰ることにします。

f:id:lazytraveler:20150614013320j:plain

 

門をくぐり、Super♡Paradiseと書かれたヘビさんマークのオープンカフェをぬけると。。

f:id:lazytraveler:20150614013855j:plain

 

きゃー!!誰もいない、澄み切った青いビーチの前にソファベッドのサンデッキが並んだ、まさにスーパーパラダイスな空間が広がっていました。

f:id:lazytraveler:20150614014118j:plain

 

禿げ山に囲まれたエキゾチックなビーチを友人と二人で独占状態です。

f:id:lazytraveler:20150614014609j:plain

 

キラキラ輝く澄み切った水面。これぞエーゲ海のビーチです。

f:id:lazytraveler:20150614014921j:plain

 

岩山に囲まれた入江になっているところも、典型的なギリシャや地中海のビーチらしい雰囲気です。

f:id:lazytraveler:20150614015205j:plain

 

そして海中はこの透明度。水面がエメラルドグリーンに反射して幻想的です。

f:id:lazytraveler:20150614015511j:plain

 

こんな素晴らしいビーチに我々二人だけ。。何て贅沢なひとときでしょう。タクシーのおじちゃんに従って朝一で来てよかった。おじちゃん、ありがとう!

f:id:lazytraveler:20150614015811j:plain

 

しかし泳ぐにはまだ冷たすぎる朝の海。カフェでジュースを頼んでデイベッドに横たわってしばしのんびり過ごしました。人もちらほらやってきました。

f:id:lazytraveler:20150614074044j:plain

 

その後、結構人が集まり始めましたが、それでも基本的に静かで大人な雰囲気のビーチでした。「島で一番洗練されたビーチ」という売れ込みもうなずけます。

f:id:lazytraveler:20150614020254j:plain

 

ちなみに、このスーパーパラダイスビーチは別名ゲイ・ビーチとしても有名なようで、実際に男性二人がデイベッドでくつろいでいる姿なども散見されました。しかし、そんな男性カップルに、女同士の私と友人が同じサンデッキでくつろいでいる姿を写真に撮られており、逆に私たちもそういうカップルだと思われていたようです。

f:id:lazytraveler:20150614020451j:plain

確かに朝一番に誰もいないゲイビーチで女二人ではしゃいでいたらそう見られてもしょうがないでしょうか。。もしかしてタクシーのおじちゃんが、スーパーパラダイスビーチに行きたいと行ったときに「おお・・・!」と感嘆していたのもそういう反応だったのかもしれません。女同士というのはゲイの世界でもまだまだレアでしょうからね。。残念ながら我々は違いますが。

 

ちなみに、このスーパーパラダイスビーチとボートで結ばれているというプロティ・ヤロスというお隣のビーチに梯子しようかと思っていたのですが、待てど暮らせどボートは来ませんでした。

f:id:lazytraveler:20150614021704j:plain

午前中はボートは来ないのかもしれないということで、あきらめて正午前にビーチを去り街に向かうことにしました。

 

最高に贅沢なひとときが過ごせた午前中のスーパーパラダイスビーチでした。

f:id:lazytraveler:20150614021209j:plain

 

さて、街の中心とビーチを結ぶヘビさんマークの小型バスに乗って、ミコノスタウンに向かいます。窓からスーパーパラダイスビーチの美しい入江の全体像が見られました。

f:id:lazytraveler:20150614022008j:plain

 

ミコノスタウンの南のバスステーションに到着。島に上陸後、始めて目にする港とビーチ以外の街の光景です。白くて四角い建物ばかり。

f:id:lazytraveler:20150614051515j:plain

 

しかし、海が見え隠れする小道を進むと。。

f:id:lazytraveler:20150614051832j:plain

 

うおおお。またしても美しい海とビーチが広がります。

f:id:lazytraveler:20150614052317j:plain

 

先ほどのスーパーパラダイスビーチとは違いここは名も無きビーチのようですが、それでこのレベルの高さはすごい。

f:id:lazytraveler:20150614052713j:plain

 

どうやらこのミコノス島はそこかしこにこんな澄み切った美ビーチがありふれる、正真正銘のビーチ天国のようです。

f:id:lazytraveler:20150614053949j:plain

 

整備された入江のスーパーパラダイスビーチも良かったですが、島周辺の広大な海を見渡せるこういう手つかずのビーチも迫力があって美しいです。

f:id:lazytraveler:20150614053146j:plain

 

海を見下ろす場所に建つ小さなピンクの屋根の教会。サントリーニ島では教会と言えば青い屋根でしたが、ミコノス島ではピンクの屋根が特色なのでしょうか。

f:id:lazytraveler:20150614054454j:plain

 

そして、ミコノス島名物の風車群の前にやってきました。

f:id:lazytraveler:20150614054815j:plain

 

風車のある丘からの、ミコノスタウンと街を囲むエメラルドグリーンの海の眺め。向こう岸に我らがノルウェージャンのクルーズ船も見えます。

f:id:lazytraveler:20150614055033j:plain

 

さて、丘を降りてミコノスタウンの中心に向かいます。

f:id:lazytraveler:20150614055542j:plain

 

街の中心前にもこのビーチ。街が海にせり出しているような、海が街を覆っているような、とにかく海と街が一体化しているような島です。

f:id:lazytraveler:20150614055903j:plain

 

振り返るとビーチを目の前にそびえ立つ風車群。

f:id:lazytraveler:20150614060208j:plain

 

海沿いにはカフェやレストランがひしめき合います。

f:id:lazytraveler:20150614064006j:plain

 

海にせり出すカフェでキラキラ輝く海を正面に見ながらお茶をする人々。

f:id:lazytraveler:20150614064122j:plain

 

我々もそんな海沿いのレストランでシーフードランチをいただいてみました。ミコノス島のレストランは観光地価格で割高と聞いていましたが、まあその中でリーズナブルな物を頼むとこんなものかな、という感じでした。

f:id:lazytraveler:20150614064333j:plain

 

しかしこの極上な海の景色を眺めながら食事ができるというだけで、十分満足でした。この海沿いのカフェやレストランは本当に気持ちがいいのでおすすめです。

f:id:lazytraveler:20150614064735j:plain

 

さて続いては、少し海から離れて街の中を散策してみます。カラフルなお土産屋さんに囲まれた白い道が続くミコノスタウン。

f:id:lazytraveler:20150614065310j:plain

 

お店はお洒落で、街並みは果てしなく可愛いです。

f:id:lazytraveler:20150614065603j:plain

 

街中のオープンカフェもにぎわいます。

f:id:lazytraveler:20150614065842j:plain

 

迷路のような複雑な道になっていることでも有名なミコノスタウン。路地を歩いていると。。

f:id:lazytraveler:20150614070129j:plain

 

また海沿いに出ました!

f:id:lazytraveler:20150614070238j:plain

 

そしてこの船が行き来する海沿いもまたたまらなく美しい。

f:id:lazytraveler:20150614070434j:plain

 

サントリーニと同じ青いドーム屋根の教会もあるようです。

f:id:lazytraveler:20150614070646j:plain

 

そして街に戻るとまた白い迷路道。

f:id:lazytraveler:20150614071025j:plain

 

ちょっとお茶をして一息ついてみたり。

f:id:lazytraveler:20150614071426j:plain

 

お洒落なワンピースのウィンドウショッピングをしてみたり。

f:id:lazytraveler:20150614071611j:plain

 

また海カフェに出くわしてみたり。

f:id:lazytraveler:20150614071730j:plain

 

とにかく楽しい、ミコノスタウンの迷路街。道ばたのソファでくつろぐおじさんも。

f:id:lazytraveler:20150614071846j:plain

 

ギリシャ伝統のワンピース衣装を今風にして売っているお店もお洒落。

f:id:lazytraveler:20150614072100j:plain

 

八百屋さんまでお洒落。

f:id:lazytraveler:20150614072221j:plain

 

教会も華やか。赤い屋根の教会と青い屋根の教会は何か違うのでしょうか。

f:id:lazytraveler:20150614072326j:plain

 

さて、そろそろミコノスタウンを抜けて、ゆっくりとクルーズ船の停留所までバスが出ているオールドポートに向かいます。

f:id:lazytraveler:20150614072907j:plain

 

すると、この期に及んでここにも美ビーチが!

f:id:lazytraveler:20150614073310j:plain

 

実は水着を着てきた私、午後になって水もだいぶ温かくなってきたしもう我慢できない!ということでこの名も無きビーチに飛び込みました。

f:id:lazytraveler:20150614073627j:plain

 

港前のビーチだというのに、透明度は高いです。小さな小魚の群れが見えます。

f:id:lazytraveler:20150614074410j:plain

 

岩と同じような色をした小型の魚もちらほら見えます。

f:id:lazytraveler:20150614074623j:plain

 

ウニも散見されます。こちらでもウニを食べる習慣はあるのでしょうか。

f:id:lazytraveler:20150614074822j:plain

 

いやー港までの通り道にある名も無きビーチなのにシュノーケル体験もできて大満足でした。ビーチ島のミコノス島で、最後に海に入れて良かった。

f:id:lazytraveler:20150614075529j:plain

 

最後にこのビーチを眺めながらお茶ができる海沿いのカフェで、フレッシュジュースを一杯。本当に何て透明度の高い海でしょう。

f:id:lazytraveler:20150614075632j:plain

 

そして海沿いを歩いてオールドポートまで行き、ノルウェージャンの乗客用に手配されたシャトルバスに乗って、クルーズ船が泊まっているニューポートに向かい、ノルウェージャン・ジェイドに帰りました。

f:id:lazytraveler:20150614075933j:plain

 

ということで、ミコノス島は、ビーチ島と言われるだけあり、四方八方をクリスタルクリアーなエメラルドグリーンの海に囲まれた美ビーチだらけの島でした。名前がついたリゾート用のビーチだけでなく、そこら中に名も無き美ビーチが点在しているので、クルーズ船での短時間の立寄りだけでも、存分にビーチを楽しむことができます。

正直、ビーチに関してはモルディブに匹敵する場所はないと思っていた私でしたが、ましてやヨーロッパの海なんてたかが知れていると思っていたふしもあったのですが、このミコノス島のビーチたちはモルディブにも劣らないもの凄いものでした。というか白くて可愛らしい街並みが海に飲まれるような近さでビーチ沿いにそびえ立っているので、その迫力はモルディブ以上とも言えます。ミコノス島があの絶景のサントリーニ島に負けない人気を誇っている理由が分かった気がします。

ただ、ミコノス島はパーティ島とも呼ばれるように、特にミコノスタウンの海沿いはやや騒がしいです。ミコノス島の客層も、パーティー好きの明るい人たちが多いように思われ、リゾートではひっそり静かに過ごしたい根暗な私には、少なくともミコノスタウン周辺に関しては長くいたい場所ではありませんでした。なので、ミコノス島には、クルーズで立ち寄ったり、サントリーニ島を拠点にしながら一泊だけ遊びにきてみるなどして、その美ビーチたちを一目見てみるのが良いんじゃないかなあと思います。

 

さて、サントリーニ、ミコノスとメインの寄港地を満喫したこの次は、変わり種のオリンピア訪問です。