読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーチリゾートとヨーロッパの旅行記

2013年から2015年にかけてビーチリゾートとヨーロッパを旅行しまくった海好き女の旅行記です。帰国後は主に日本の美ビーチを巡っています。

ギリシャ・エーゲ海クルーズ②:ノルウェージャン・ジェイドで過ごす道楽クルーズライフ

f:id:lazytraveler:20150605234858j:plain

人生初の7泊8日のクルーズ体験。

まさか自分が海の上で飲んで踊って過ごすような道楽体験をすることになるとは思ってもいませんでしたが、今回はそんなクルーズ内での貴重な体験レポートを記録しておきたいと思います。

 

私が利用したノルウェージャン・クルーズラインNorwegian Cruies Lineというクルーズ会社、通称NCLのクルーズは、「フリースタイル」を売りにしている大衆価格のクルーズです。フリースタイルとは、ドレスコードがなく、レストランに固定席もなくパーティーの参加義務もなく、乗客各々が好きな格好で好きなように過ごしてよいというコンセプトのことのようです。素晴らしいです。最もそんな素晴らしいコンセプトがあると、私のような引きこもり体質の客は、ひたすら部屋にこもってゴロゴロしてしまうことについては後ほど。

 

クルーズの朝は、まずベランダに出てその日の海をチェックすることから始まります。

f:id:lazytraveler:20150606001104j:plain

 

早起きすれば、海の日の出を見ることもできます。今回はエーゲ海クルーズですから、ギリシャの火山島の島々から日が昇り降りし、まるで神々の詩、の世界。波も終始穏やかで幸運でした。

f:id:lazytraveler:20150606001310j:plain

 

その日の予定は、前日の夜に部屋の前のポストに配布される、デイリーペイパーに記載されています。寄港先の情報の他、船内でのイベント情報、レストラン情報などが記載されています。

f:id:lazytraveler:20150606002349j:plain

 

レストランやカフェは全部で13カ所あり、このうち7カ所が利用無料、5箇所が数十ドルの追加料金で利用可能な要予約のフレンチや鉄板焼きなど、1カ所(寿司バー)がアラカルト料金での利用となっていました。私は、無料で利用できるレストランが7カ所もあるのだからという節約志向で、極力無料レストランを利用しました。

 

初日の朝に行ってみたのは、朝からきちんとテーブルごとにサーブしてくれるメインダイニングのグランド・パシフィックGrand Pacific。

f:id:lazytraveler:20150606003737j:plain

 

確かにテーブルごとにしっかりサーブしてくれました。しかも無料なのでついつい色々と頼んでしまいます。

f:id:lazytraveler:20150606005412j:plain

しかし、頼んでから出てくるまでに、もの凄く時間がかかる。しかもベーコンが固すぎる、フレンチトーストも固すぎる、ハッシュポテトは油っぽすぎる・・・ということでイマイチでした。無料レストランで、手のかかる朝食の大量注文を個別サーブすることの限界か。。?

 

もっとも、ここのメインダイニングにお昼に行ったときのコースメニューは悪くなかったです。お昼や夜は利用可能なレストランが増えてお客さんが分散するし、料理も作り置き可能なメニューになるから質が上がるのかもしれません。

f:id:lazytraveler:20150606010250j:plain

 

この他、もう一つの無料のメインダイニング、アリザーAlizarに夜にコースメニューを食べに行ったこともありますが、そこもまあ悪くはないかなあという感じでした。

 

しかし、これらの無料メインダイニングより断然良かったのが、12階にある無料のメインブッフェ、グランド・カフェGrand Cafeのビュッフェです。

f:id:lazytraveler:20150606010649j:plain

12階の、海を見渡す開放的な大きなブッフェレストランで、朝も昼も夜もメニューを変えて営業している上に、和洋中と種類も豊富で味も一番美味しかったです。しかもふらっと立ち寄ってささっと好きな物を取って食べて帰れるのでとても便利。まさに「フリースタイル」の象徴のブッフェ。

 

特に良かったのが、夜にあることが多かった、スタッフが塊を切り分けてくれる巨大なローストビーフのサワークリームソースがけ。お肉が赤みなのに柔らかくてとても美味しいのです。これがアメリカンステーキ肉というやつでしょうか。あと、毎日数種類はあるカレーも、本場インドの味で美味しかった。

f:id:lazytraveler:20150606011729j:plain

 

中華もどれも良かったです。やはり中華には失敗がない。お醤油味とご飯を食べられて、旅行中和食に飢えることはありませんでした。飲み物については、本来は有料ですが、私たちは飲み放題プランだったのでアルコールとジュースは無料。ここの手作りサングリア、美味しかったです。

f:id:lazytraveler:20150606012158j:plain

 

小腹が空いたらふらっとおやつの手動ソフトクリームをもらいにきたりして、このメインビュッフェには本当にお世話になりました。

f:id:lazytraveler:20150606012533j:plain

 

その他、お昼なら、8階のラウンジにあるモダーノModernoというスープとサラダとサンドイッチの軽食バーもなかなか良かったです。小さなブッフェから自分で選んだ、ベジタリアンバーガーにサラダを添えてソースの代わりにアンチョビをかけたもの。ここの素材が一番新鮮だった気がします。

f:id:lazytraveler:20150606012957j:plain

 

メインフロアの7階には、夜だけ営業している無料のジャスミンガーデンJasmine Gardenというアジア料理のお店もあります。その奥には寿司バー。

f:id:lazytraveler:20150606013615j:plain

もっともここで食べた中華はイマイチで、先ほどのメインビュッフェのグランド・カフェで食べる中華で十分だと思いました。

 

ちなみに、唯一の有料アラカルトの寿司バーのお寿司。意外に普通で、悪くなかったです。ただ、2回利用しましたが私たち以外ほぼお客さんが居なくて閑古鳥状態で可哀想でした。我らが寿司が。。

f:id:lazytraveler:20150606014011j:plain

同じく有料の鉄板焼きの方は瞬時に予約が埋まって最終日までキャンセル待ちが数十人ということでしたから、ここのお寿司はインターナショナルな乗客達のお眼鏡にかなわなかったのでしょうか。確かにマッシュルーム入りのみそ汁はどうかと思いましたが。。

 

この他、6、7階のメインフロアや最上階のディスコフロアのバーではカクテルをその場で作ってもらって飲み歩けます。船内のアルコール類は結構値が張るので、直前セールの飲み放題プランになっていて本当に良かったです。

f:id:lazytraveler:20150606014611j:plain

ちなみに、飲み放題プランは少しトリッキーで、税込み11ドルまでのアルコール&ジュースなら飲み放題ですが、11ドルを超えると超えた部分は追加チャージされます。また、コーヒー紅茶類や、水は飲み放題の対象外なので要注意です(部屋の冷蔵庫の水も有料)。

 

さて、船内は飲んで食べて過ごすだけでなく、様々な娯楽施設や催しがあります。特に最初の数日間は豪華イベントが目白押しでした。 

船内には大きなシアターがあり、日中にはここで何かしらショーが開催されていました。

f:id:lazytraveler:20150606060112j:plain

 

例えば、ブロードウェイのゲストキャストによる歌&トークショー。ザ・アメリカン!乗客もほとんどがアメリカ人なのでノリも良かったです。

f:id:lazytraveler:20150606060326j:plain

 

変わり種の行事もあります。ギリシャの最初の寄港先、コルフに着く前日に行われた、ギリシャ語&ギリシャ文化講座。

f:id:lazytraveler:20150606063202j:plain

 

皆で円陣を組んで、ギリシャ伝統の踊りを体験。

f:id:lazytraveler:20150606063332j:plain

 

夜は毎晩共用階の至る所で音楽ライブが開催されます。

これは7階のレセプション前のバー&ロビーでのジャズバンドコンサート。

f:id:lazytraveler:20150606060527j:plain

 

こちらは、6階のバーでのシックなピアノ弾き語りコンサート。この演奏者の女性はとても人気で、お客さんのリクエストに答えて次々とどんな曲でも弾きこなしてしまってプロだなあと感動しました。

f:id:lazytraveler:20150606062219j:plain

 

13階のクラブバーでは、毎日ノリノリのディスコパーティ。

f:id:lazytraveler:20150606062609j:plain

 

怪しい雰囲気を醸し出すカジノもあります。

f:id:lazytraveler:20150606062829j:plain

 

利用しませんでしたが、マシーンから人相手のカードゲームまで一通り揃っていたようです。良く知りませんが。

f:id:lazytraveler:20150606063001j:plain

 

その他、朝のホットヨガから乗客参加のカラオケ大会まで、ありとあらゆる行事が毎日どこかしこで行われていました。

 

共用施設も充実です。屋上にはテーマパークのようなプールエリア。プールでは主に子供達が遊んでいました。

f:id:lazytraveler:20150606063919j:plain

 

大人達は船の周りのチェアでひなたぼっこ。

f:id:lazytraveler:20150606064043j:plain

 

咽が渇いたら船の先頭のオープンスペースで海風を浴びながらお好きな飲み物を。

f:id:lazytraveler:20150606064154j:plain

 

7階のメインフロアにはショップもあり、宝石に時計に衣類などから日用品まで、一通り買いそろえることができました。

f:id:lazytraveler:20150606064525j:plain

 

さて、そんな充実の施設と行事が目白押しの船内で、私が主にどうやって過ごしていたかというと。

f:id:lazytraveler:20150606064820j:plain

バルコニーで海を見ながら雑誌を読んでゴロゴロ。たまりません。

 

移ろい行く海の色。朝焼けに始まり

f:id:lazytraveler:20150606065051j:plain

 

快晴の日中。

f:id:lazytraveler:20150606065236j:plain

 

日の入り。

f:id:lazytraveler:20150606065831j:plain

 

他の船を見つけたり。

f:id:lazytraveler:20150606065946j:plain

 

バーで頼んだカクテルを持ってきて飲んだり。極楽です。

f:id:lazytraveler:20150606070409j:plain

 

寒くなったら、お部屋に入って更にゴロゴロ。

f:id:lazytraveler:20150606071015j:plain

バルコニー&お部屋が快適すぎて、もともと引きこもり体質の私はほとんど行事に参加することもなく、雑誌や本を読んで過ごしました。船の中で過ごすしかなく、しかもネットも通じない(有料の使い放題プランを申し込んだので一応使えましたが、モバイルではとても遅いしパソコンをつなぐと重すぎて動かなくなります)という環境では、普段なかなかゆっくり時間が取れない読書などがはかどって、その点でもとても貴重な船の旅でした。

 

ということで、クルーズ旅行は、行事が盛りだくさんで活動的な人はいくらでも遊んで過ごせるし、また私のような不活発な者でも自分なりの静かな過ごし方ができます。そして知らない間に目的地にたどり着くという、何とも魔法のような、人を横着にさせる魅惑の船です。今までの地べたを這いずり回っていた旅行は何だったのか。。という危険な思いすら芽生えて来ます。

さて、次回からはそんな魅惑の船で向かったギリシャの島々を綴ります。