読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーチリゾートとヨーロッパの旅行記

2013年から2015年にかけてビーチリゾートとヨーロッパを旅行しまくった海好き女の旅行記です。帰国後は主に日本の美ビーチを巡っています。

イギリス・ロンドン②:ロンドン硬派編〜王室、国会、寺院など

f:id:lazytraveler:20141119062718j:plain

気づけばロンドン滞在も残りわずか。

今まで旅行の出発地でしかなかったロンドンですが、最期のあがきで見て回ります、「世界一住みたい都市」の底力。

今回は王室、国会、寺院などの硬派な英国らしい建物を見て行きます。

 

英国といえば王室です。その王室のメイン宮殿、バッキンガム宮殿。

f:id:lazytraveler:20141119063653j:plain

案外地味で小さな建物です。セントジェームズパークやグリーンパークなどの公園に囲まれており、公園を散歩していると突然出てくる感じです。

 

宮殿の前にはビクトリア女王記念碑があり、隔日の衛兵交代の際にはその周りまで見物人がわらわらと集まってきます。

f:id:lazytraveler:20141119063931j:plain

 

その衛兵交代。我々が想像する赤服の衛兵は夏で、冬はグレーのコートなんですね。

f:id:lazytraveler:20141119064257j:plain

11時半開始ですが、もの凄く混むので、最低でもその30分前には行って固定された場所(フェンスの前など)に陣取っていた方がいいです。開催日程はこちら。

http://www.royal.gov.uk/RoyalEventsandCeremonies/ChangingtheGuard/Overview.aspx

 

ちなみに衛兵交代と同時間に騎兵隊もバッキンガム宮殿横を行進していました。

f:id:lazytraveler:20141119065032j:plain

 

続いて、ハイドパークの端にあるケンジントン宮殿。故ダイアナ妃とチャールズ皇太子の住居だった宮殿です。ヴィクトリア女王の誕生の地だそうで、宮殿前にはヴィクトリア女王の彫刻が。

f:id:lazytraveler:20141119065807j:plain

 

ケンジントン宮殿のあるケンジントンガーデンは美しい庭園です。

f:id:lazytraveler:20141119070000j:plain

 

続いて国会議事堂。壮大です。

f:id:lazytraveler:20141119070214j:plain

 

シンボル的な国会議事堂の時計塔、ビッグベン。

f:id:lazytraveler:20141119070744j:plain

 

国会議事堂の隣には、ウェストミンスター寺院があります。戴冠式や王室の冠婚葬祭が行われる場所です。

f:id:lazytraveler:20141119070939j:plain

 

寺院の中は撮影禁止だったので中庭だけ。ちなみに歴代の偉い人が眠る寺院の中は装飾がごてごてしてました。

f:id:lazytraveler:20141119071131j:plain

 

続いて、金融街シティに近い場所にあるセントポール大聖堂。

f:id:lazytraveler:20141119071525j:plain

ここも中は撮影禁止でしたが、クリストファー・レンの傑作と言われる内部の天井などは豪華絢爛で、特にドーム部分を見上げると圧巻です。ドーム頂上にも登れるのですが、530段もあって超辛いので、私は中段の部分にあるドーム型スペースで休んでそのまま断念しました。でも頂上から眺めるロンドンの景色はとてもいいらしいです。

大聖堂正面

f:id:lazytraveler:20141119071905j:plain

 

大聖堂から比較的近くのエリアには立派な王立裁判所もあります。

f:id:lazytraveler:20141119072026j:plain

 

そして時代は遡って、中世からの血塗られた歴史を持つロンドン塔。

f:id:lazytraveler:20141119072341j:plain

 

ロンドン塔内には幾つもの建物や見るべき展示があってかなり時間を取って行った方がいいです。このホワイト・タワーには数多くの武器が展示されていました。

f:id:lazytraveler:20141119072456j:plain

 

以上、歴史的重要建築物をざっと見て回ったロンドン硬派編でした。

次は、ミュージアム編です。