読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビーチリゾートとヨーロッパの旅行記

2013年から2015年にかけてビーチリゾートとヨーロッパを旅行しまくった海好き女の旅行記です。帰国後は主に日本の美ビーチを巡っています。

ドバイ③:ドバイ下町編〜ドバイ・マリーナ発、ドバイ・クリークで巡るオールド・ドバイツアー

f:id:lazytraveler:20141111082206j:plain

ドバイ3日目。

1日目はジュメイラの名物ホテルを巡り、2日目はダウンタウン・ドバイで最新の大都会を満喫しましたが、今日はドバイの伝統的地区、オールド・ドバイを巡る現地のバスツアーに参加します。

 

バスツアーの集合場所はホテルの対岸に見えるドバイ・マリーナ地区にあるので、まずはタクシーでそこに向かいます。

f:id:lazytraveler:20141111063144j:plain

 

ちなみに、ホテルのある人工島パーム・ジュメイラからドバイ・マリーナ周辺には、アトランティス・ザ・パームを終着点とするパーム・ジュメイラ・モノレールでも行き来することができます(アトランティス・ザ・パームに観光に行った際利用しました)。

f:id:lazytraveler:20141111065100j:plain

 

モノレールからパーム・ジュメイラを見渡すと、まだまだ建設途上の半砂漠島であることがわかります。

f:id:lazytraveler:20141111065553j:plain

 

モノレールからのジュメイラ・ビーチとドバイ・マリーナの眺め。

f:id:lazytraveler:20141111065748j:plain

 

ただしモノレールの陸側の発着点となるゲートウェイステーションからメトロの最寄り駅ナヒールまでは少し距離があり、メトロに接続するには結局タクシーを使わなければなりません。

f:id:lazytraveler:20141111065819j:plain

モノレールはタクシーより高いので(ドバイのタクシーは石油産出地アラブである恩恵か、とても安いです)、モノレールも一つの観光用アトラクションという感じです。

メトロについても、ドバイの街は作りが大きすぎて駅と目的地との距離が歩ける範囲にないので、結局タクシーを使わなければならないことが多く、なかなか気軽にぶらぶら街を歩くことは難しい街です。

 

さて、ということで我々はタクシーでドバイ・マリーナにある現地バスツアーの集合場所にやってきました。

f:id:lazytraveler:20141111070033j:plain

ドバイ・マリーナはダウンタウン・ドバイやパーム・ジュメイラともまた少し違った雰囲気です。日本の湾岸の雰囲気に似ているかも。

 

バスに乗っていざ出発です。海に浮かぶ街です。

f:id:lazytraveler:20141111075456j:plain

 

ビル群も個性的です。多くの多国籍企業が進出しているそうです。

f:id:lazytraveler:20141111070510j:plain

 

そしてまたマディナ・ジュメイラの広大な敷地を通過。

f:id:lazytraveler:20141111075729j:plain

 

ジュメイラ・ビーチホテルも通過。

f:id:lazytraveler:20141111075614j:plain

 

ジュメイラ・ビーチ近くにある街中のモスク。今日はこういう現地らしい建物に着目するツアーです。

f:id:lazytraveler:20141111075816j:plain

 

しかし最初のポイントはドバイ名物・7つ星ホテルバージュ・アル・アラブが見えるジュメイラ・ビーチ前での写真撮影タイム。

f:id:lazytraveler:20141111080419j:plain

 

バージュ・アル・アラブが良く見えます。入場すら大金をはたかなければ(→アフタヌーンティ1万5千円から)認められないホテルなので、よくわからないありがたみが増します。

f:id:lazytraveler:20141111080512j:plain

 

そしてビーチが思いのほか綺麗!

f:id:lazytraveler:20141111080803j:plain

 

エミレーツの男性たちも白い衣装を身にまといビーチ際で戯れています。

f:id:lazytraveler:20141111080638j:plain

 

何ともエキゾチックなドバイのビーチでした。

f:id:lazytraveler:20141111080717j:plain

 

続いて、現地のムスリムエミレーツの住む住宅街を通ります。 

f:id:lazytraveler:20141111081346j:plain

この画一的な住宅は、なんとエミレーツが結婚すると国から無償で与えられるのだそうです。もの凄い優遇されているんですね。。

 

住宅街のすぐ向こうにはビル街。 

f:id:lazytraveler:20141111081441j:plain

 

続いてのお立ち寄りスポットは、ドバイのシンボル的モスク、ジュメイラ・モスクです。

f:id:lazytraveler:20141111081625j:plain

通常モスクに異教徒は立ち入れないのですが、ここはツアーで行くとスカーフなどを着用の上内部見学させてもらえるそうです。もっとも我々のツアーでは周りを徘徊し中をちょっとちら見させてもらっただけでした。

 

続いて、ドバイの街を縦断する入り江、ドバイ・クリークに接するバール・ドバイ地区にやってきました。

f:id:lazytraveler:20141111081752j:plain

 

ここではドバイ博物館に立ち寄ります。

f:id:lazytraveler:20141111081855j:plain

 

この博物館には、ドバイの人たちの昔の暮らしを再現した住居や船などが展示されていました。昔からクリークを船で行き来していたんですね。

f:id:lazytraveler:20141111082009j:plain

 

よくできたエミレーツの人々の人形。伝統的な暮らしぶりがわかります。

f:id:lazytraveler:20141111082037j:plain

 

博物館見学後は、アブラと呼ばれる水上タクシーでドバイ・クリークを横断します。 

f:id:lazytraveler:20141111082206j:plain

 

このアブラでのクリーク渡りは観光の定番なので、水上にはアブラがたくさん。

f:id:lazytraveler:20141111082539j:plain

 

対岸のディラ地区に到着。

f:id:lazytraveler:20141111082408j:plain

 

ハトが飛び交う穏やかで気持ちのいいドバイ・クリークでした。

f:id:lazytraveler:20141111082653j:plain

 

このディラ地区は昔からの街並が残る地区で、ディラ・オールド・スークとゴールド・スークという2つの有名なスーク(市場)があります。

まずはディラ・オールド・スークから。

f:id:lazytraveler:20141111083030j:plain

 

このディラ・オールド・スークは別名スパイス・スークと呼ばれ、スパイスを売る店が多くあります。

f:id:lazytraveler:20141111083122j:plain

 

続いて歩いてゴールド・スークに向かいます。

f:id:lazytraveler:20141111082758j:plain

ダウンタウン・ドバイ等の中心地と異なりごちゃごちゃした街並です。でも人が暮らしている昔からの地区はこうなるのが自然ですよね。 

 

ゴールドスークには、その名の通り、金を売るお店がたくさん連なります。

f:id:lazytraveler:20141111083246j:plain

 

きんきらのアクセサリーがじゃらじゃらと売られています。裕福なエミレーツの人たちが買って行くのかな?(アラブのムスリム女性の黒い服の中は、金ぴかの宝石に装飾されて目もくらむほどラグジャリアスだと聞いたことがあります)

f:id:lazytraveler:20141111083328j:plain

 

そしてここでも世界一が登場!これは世界で一番大きな金だそうです・・・!

f:id:lazytraveler:20141111082915j:plain

 

以上、最新のシーサイドから伝統のオールド・タウンを巡る密度の濃い半日ツアーでした。ドバイの街は大きすぎて気軽に待ち歩きなどできる規模ではないし、特にこのツアーで立ち寄ったドバイ・マリーナやオールド・ドバイはダウンタウン・ドバイから離れているため個人では行きにくいかと思うので、こういった現地の半日ツアーを積極的に利用することをお勧めします。

 

さて、3泊4日のドバイ旅行も終わり、ロンドンへ帰る時が来ました。

f:id:lazytraveler:20141111083557j:plain

 

飛行機の下には新しく埋め立て・建設中の人口島の土台が見えます。

f:id:lazytraveler:20141111083628j:plain

ドバイがこのまま発展を続けて更に栄えることができるのか、それとも過剰な債務借り入れによる急激な成長には既に限界が見えているのか、わかりませんが、砂漠の中の人工的な大都市は何とも不思議な体験でした。

ビーチサイドや人工島に力を入れてリゾートを配置し、新しいビーチリゾート都市として観光客を誘致しているようですが、個人的にはビーチリゾート地としてはイマイチで、それよりも都心部ダウンタウン・ドバイの方が面白みがあると思いました。ビーチはやはり人工的な雰囲気よりも天然のキラキラした海と大自然があってこそのものですから、それよりも徹底的に人工的で派手な都心部の方に見所があると思うのです。

なので、ドバイの利用方法としては、モルディブセイシェル、あるいはヨーロッパのビーチリゾートに行くときのストップオーバーで立ち寄り、ダウンタウン・ドバイのホテルで一泊してバージュ・ハリファに登りドバイモールでお買い物!で十分かなと思います。

とはいっても、イスラム教国アラブの雰囲気を安全かつ自由に味わえて、それなりに綺麗でエキゾチックなビーチがあって、そして世界一だらけの大都会、ドバイ。やはり特別な都市であることは間違いありません。今後も西欧とアラブの中継地として、成長を続けてほしいです。