ビーチリゾートとヨーロッパの旅行記

2013年から2015年にかけてビーチリゾートとヨーロッパを旅行しまくった海好き女の旅行記です。帰国後は主に日本の美ビーチを巡っています。

デンマーク・コペンハーゲン①:北欧デザインを満喫、カラフルな運河の街コペンハーゲン

取り憑かれたように旅行をしまくったヨーロッパ滞在の日々も、残すところあと1ヶ月を切りました。 滞在中最後の旅行は、一緒に行く北欧デザイン好きの友達の提案で、デンマークのコペンハーゲンに行くことにしました。北欧といえば社会福祉先進国で、ヨーロ…

イタリア・ヴェローナ:ロミオとジュリエットの舞台、華やかな街ヴェローナ

ヴェネツィア発着のクルーズ旅行を終えてミラノに帰る途中、『ロミオとジュリエット』の舞台になったという街・ヴェローナに立ち寄ってみました。 ヴェローナはミラノやヴェネツィアほど有名ではありませんが、ヨーロッパの旅行会社のパンフレットには必ず登…

ギリシャ・エーゲ海クルーズ⑦:さよならノルウェージャン、ヴェネツィアでの別れと旅立ち

ノルウェージャン・ジェイドで巡るエーゲ海クルーズ7日目。 コルフ、サントリーニ、ミコノス、オリンピアと、観光地目白押しでギリシャを周遊してきたクルーズの旅もいよいよ最後です。 最後の一日は、ギリシャからクルーズ発着港のヴェネツィアまで終日移…

ギリシャ・エーゲ海クルーズ⑥:久々の陸地でのんびりオリンピア観光

ノルウェージャン・ジェイドで行くエーゲ海クルーズ最終観光日。 今日は、オリンピック発祥の地、オリンピアでの遺跡巡りがメインの日です。 クルーズ船が到着するのは、ギリシャ本島のカタコロという港町。オリンピアは内陸にあるのでここからバスで向かう…

ギリシャ・エーゲ海クルーズ⑤:スーパーパラダイスなビーチ天国、ミコノス島

ノルウェージャン・ジェイドで行くエーゲ海クルーズ5日目。 今日の寄港先は、美しいビーチに囲まれたパーティ島として有名な、ミコノス島です。 ミコノス島はサントリーニ島と人気を二分するギリシャを代表する観光島ですが、断崖絶壁のサントリーニ島とは…

ギリシャ・エーゲ海クルーズ④:青と白の絶景再び、海から登るサントリーニ島〜ロバに要注意

ノルウェージャン・ジェイドで行くエーゲ海クルーズ4日目。 今日の寄港地は、白い街と青い海の絶景コントラストで有名なリゾート島、サントリーニ島です。 断崖絶壁の火山島の上に白い街が密集するサントリーニ島。去年の6月にはここに来ることをメインの…

ギリシャ・エーゲ海クルーズ③:西欧とギリシャが融合する伝統のビーチリゾート、コルフ

ノルウェージャン・ジェイドで巡るエーゲ海クルーズ3日目。 今日は、最初の寄港先であるギリシャ北西に浮かぶ島、ケルキラ島(通称コルフ)観光の日です。コルフは正確にはエーゲ海ではなくイオニア海に浮かぶ、エーゲ海の小さな島々よりはサイズの大きな島…

ギリシャ・エーゲ海クルーズ②:ノルウェージャン・ジェイドで過ごす道楽クルーズライフ

人生初の7泊8日のクルーズ体験。 まさか自分が海の上で飲んで踊って過ごすような道楽体験をすることになるとは思ってもいませんでしたが、今回はそんなクルーズ内での貴重な体験レポートを記録しておきたいと思います。 私が利用したノルウェージャン・ク…

ギリシャ・エーゲ海クルーズ①:ヴェネツィア発、極楽クルーズで巡るギリシャ諸島ホッピングの旅

クルーズ。ーそんなものは怠け者のお金持ちの道楽か、引退して余暇を楽しまれるご老夫婦の旅行のための交通手段、だと思っていました。 まさかそれに、自分が乗る日がやってくるとは。 しかし日本からはるばるゴールデンウィークの連休と有給を駆使してやっ…

イタリア・ミラノ③:スカラ座でトゥーランドット〜誰も寝てはならぬプレミアな夜

年末年始のプラハでオペラの良さに目覚めた私。せっかくミラノに来るのなら、ぜひともオペラの殿堂、スカラ座でオペラを見てみたい。 しかも、我々の滞在中はあのプッチーニのオペラ「トゥーランドット」が上演されていました。トゥーランドットと言えば、男…

イタリア・ミラノ②:ばんぱく、ばんざい。ミラノEXPO2015

ヴェネツィア発着のクルーズに乗るための中継都市として立ち寄ったミラノ。しかし、ドゥオーモ前の広場を始め、至る所に「EXPO」の看板がでかでかと貼ってあり景観を害しているなあと思っていました。EXPOといえば万国博覧会、通称万博。万博の印象といえば…

イタリア・ミラノ①:芸術に美食、洗練された商業都市ミラノ

「ミラノはただの大都市で、イタリアの中ではあまり見所がないよ」と聞くことが多かったミラノ。そのため今まで旅の目的地に選ぶことはありませんでした。しかし今回、後の記事で述べるとおり日本から来る友達とヴェネツィア発着のクルーズに乗ることになり…

ベルギー・ブリュッセル:グラン・プラスとEU本部、国際都市ブリュッセル

何度か通過はしたものの本格的に訪れたことはなかったベルギーの首都、ブリュッセル。「ブルージュと違ってブリュッセルはごちゃごちゃした都市でぱっとしない」という話をちらほら聞いておりこのまま行かないままかと思っていたところ、南米の友人が仕事で…

チェコ・プラハ②:おとぎの国、プラハで過ごす年末年始〜音楽・美食、お籠り編

おとぎの国のようなプラハの街歩きは素晴らしかったですが、実は寒くて長時間耐えられるようなものではなく、今回の旅のメインはお籠りで楽しめる音楽や美食にありました。 ということで今回はプラハで過ごした音楽三昧の記録を綴って行きたいと思います。 …

チェコ・プラハ①:おとぎの国、プラハで過ごす年末年始〜街並み編

日本の家族達に「どうせもうすぐ帰国するんだから年末は帰ってこなくていい」といわれ、年末年始に帰る当てがなくなった私たち。しかし年末年始をオランダ・ナイメーヘンで過ごすのはあまりにも寂しすぎます。 去年は背伸びをしてウィーンにニューイヤーコン…

フランス・パリ:冬のパリで日本食三昧

パリに駐在中の友人が家に泊めてくれるというので、週末にパリに行くことにしました。パリのホテルはとにかく高いので、宿代の心配がなくなると大変助かります。 ということで2泊3日のパリ旅行へ。といってもパリ在住の日本の友人達とだらだら過ごすのが目…

スペイン・アンダルシア⑤:コスタ・デル・ソルに輝く青いビーチと白い村・ミハス

スペイン・アンダルシア旅行の最後は、国際的ビーチリゾート、コスタ・デル・ソルのビーチをちら見し、さらに最も有名な「スペインの白い村」の一つ、ミハスを観光して帰りたいと思います。 マラガからコスタ・デル・ソルの各地へは、街の主要車道のアラメダ…

スペイン・アンダルシア④:コスタ・デル・ソルの玄関口、南国都市マラガ

アルハンブラ観光を軸にやってきたスペイン・アンダルシア旅行。アルハンブラ宮殿を夜も昼も満喫してグラナダとお別れした後は、コスタ・デル・ソルの中心地マラガを拠点に、マラガとコスタ・デル・ソル沿いのリゾート都市をぶらぶらして帰ることにします。…

スペイン・アンダルシア③:アルハンブラ再び、アルハンブラ・パラセから行く昼のアルハンブラ宮殿

アルハンブラの丘沿いに建つホテル、アルハンブラ・パラセに宿泊しアルハンブラ宮殿を満喫する予定だったスペイン・グラナダ旅行。しかしコスタ・デル・ソルのビーチリゾート調べにかまけて肝心のアルハンブラ宮殿のメイン、ナスル朝の日中の事前予約チケッ…

スペイン・アンダルシア②:アフハンブラを見上げる白い迷路街、グラナダ・アルバイシン

グラナダ2日目。 今日の午前中は、昨夜のグラナダ駅で商売上手の案内所のお姉さんに勧められた、ガイドさん付きのグラナダ周遊ツアーに参加します。 朝起きると、ホテルの部屋のバルコニーからグラナダの街並みが一望できました。 赤茶の屋根に白い壁で統一…

スペイン・アンダルシア①:マラガ経由でグラナダへ〜アルハンブラ・パラセから行く夜のアルハンブラ宮殿

ヨーロッパの旅行シーズンも限界を迎える11月後半、行き残していた最後のメガ・観光地、スペインはグラナダのアルハンブラ宮殿に週末旅行に行くことにしました。利用空港はマラガになるので、ついでにマラガを始点とするアンダルシアの世界的なビーチリゾ…

イタリア・ボローニャ:最古の大学街で三食ボロネーゼ

2泊3日の強行北イタリア旅行。 ヴェネツィアの次の旅先は、ヨーロッパ最古の大学街、ボローニャです。ボローニャはご存知ボロネーゼの発祥地でもあります。オランダで知り合ったイタリア人の友人にボローニャ出身者がいて、今回の旅に備えて「ボローニャ食…

イタリア・ヴェネツィア③:喧騒からの逃亡、静寂のビーチリゾート・リド島

ヴェネツィア本島の中心地、サン・マルコ広場周辺の人ごみに耐えられず、離島のリド島に逃亡することに決めた私たち。 リド島へは、サン・マルコ広場の最寄りヴァポレット駅、サン・ザッカリアSan Zaccariaから2番線で15分で向こうことができ、ヴェネツィ…

イタリア・ヴェネツィア②:大人気すぎる水の都、サン・マルコの絶景と喧噪

ヴェネツィア2日目。 昨日ヴェネツィアに着いた時は既に夕刻で日が沈みかけた街並しか見れませんでしたが、今日は朝から快晴です。 昨日はヴァポレットのストライキで利用できなかったホテル近くのヴァポレット停車駅へ。わあ 水辺がキラキラ輝くエメラルド…

イタリア・ヴェネツィア①:オランダからヴェネツィアへ〜ヴァポレットのストライキ

おかしいくらいヨーロッパ旅行を続けている私ですが、ヨーロッパでもトップ人気を競うであろうイタリアの花形観光地・ヴェネツィアには未だ行ったことがありませんでした。もの凄く混んでそうなこと、水辺が濁ってそうなこと(オランダの運河より推定)から…

ベルギー・ブリュージュ:麗らかな水辺の中世都市、ブリュージュ

オランダ旅行に来てくれた家族からのリクエストで、オランダ国内旅行中に、隣国ベルギーのブリュージュにも立ち寄りました。 同じ「ベネルクス」でくくられる低地三国なのですが、どうやら日本ではベルギーがオランダより観光地として人気のようですし、その…

オランダ・ユトレヒト:ミッフィーの街?第四の都市ユトレヒト

家族や友達と巡ったオランダの主要都市を俯瞰して参りましたが、最後はオランダ第四の都市、ユトレヒトです。ユトレヒトと言えば日本人にもなじみ深いミッフィーの作者ディック・ブルーナさんが住むミッフィーの故郷として有名らしく、日本から来る友人達は…

オランダ・アムステルダム:芸術の水辺、運河都市アムステルダム

オランダは地味な国といえど、オランダ最大の都市アムステルダムは、観光地としてもかなり栄えた人気都市といえるのではないでしょうか。田舎に住んでいる私もさすがにアムステルダムにはちょくちょく足を運んで、そのオランダ最大の都市文化を満喫しました…

オランダ・ハーグ:国際法のメッカ、ビーチリゾートもある政治都市デン・ハーグ

今日はオランダの政治の中心、国際的にも「ハーグ条約」で有名なオランダ第三の都市デン・ハーグに行ってみます。 ハーグにはアムステルダムからは電車で1時間弱、ロッテルダムからは30分弱で到着します。 近代的で新しい雰囲気のデン・ハーグ駅。 駅を出…

オランダ・キンデルダイク:風車の群れを訪ねて

「オランダ名物の風車がいっぱい見られるところ!」として有名らしく、オランダに来た人は必ず行きたがるのがキンデルダイクです。 キンデルダイクはロッテルダム近郊にあるので、キンデルダイクに行くにはロッテルダムを出発点とするのが良いです。 そして…